FC2ブログ

WWE世界王者

中邑真輔がWWEですこぶる評判がよいそうな。
このまま1軍入りしてタイトルホルダーにまで上っていきそうな気配がしてきましたね!

そこで今回は、他団体のフラッグシップチャンピオンシップを獲った選手が、WWEではどんな活躍をしたのか?
おぼろげな記憶を辿りながら振り返ってみましょう。

まずはテリー・ファンク
言わずと知れた元NWA世界王者。
テリーはホーガンのライバルとして暴れていた時代にはタイトルを取ってないんですよね。
ずっと後年になってから、チェーンソウ・チャーリーとしてタッグ王者に輝いてるはず(パートナーはマンカインド)。

そしてハーリー・レイス
7times n.w.a world chanpion!
ですが、WWEではタイトル獲得はなりませんでした。
代わりにキング・オブ・ザ・リングを制して”キング”の称号を得てましたね。

三人目はダスティ・ローデス
レイスとフレアーの間の「ショートリリーフ(フミ斉藤風)」を務めた元NWA世界王者。
残念ながらWWEではタイトル獲得はなりませんでした。
アメリカン・ドリームならずでしたね。
サファイアと言う女性マネがついてたっけ。

上記の三人は全盛期を過ぎてからの参戦だったので、タイトルとは無縁の存在だったのかもしれません。

続いていきましょう。 元AWA世界王者・リック・マーテル
地味で爽やかな試合巧者のリック・マーテル。
ティト・サンタナとのストライク・フォースでタッグ王者に輝きました。
WWE参戦初期は、トム・ジンクとのコンビでカンナム・コネクションと名乗ってたはず。
このカンナムコネクションって言うチーム名、ブリティッシュ・ブルドックスを名乗る前のキッド&スミスに使われてました。
後にファーナス&クロファットがカンナム・エキスプレスを名乗ると、
「猿真似野郎!」
と、トムジンクに言われたと当時の雑誌で読んだ気がする・・・。
その後はザ・モデルとして嫌な奴系のヒール(フミ斉藤風)を演じてましたな。

続いて元WCCW世界王者・リック・ルード
現在開催中・G1クライマックスの第二回大会で決勝まで駒を進め、蝶野と優勝を争いましたね!
WWEではアルティメット・ウォリアーと抗争し、インタコンチネンタル王座を獲得しています。
ラビッシング・リックの腰クネポーズは、日本のプロレス界にも影響を与え、一世を風靡しましたね。

ドンドン行きます!
元AWA世界王者・カート・へニング
ミスター・パーフェクトですね!
ちなみに、”セニョール・ペルフェクト”スペル・デルフィンのエントランステーマはこの人のエントランステーマそのまんまです。
許可もらってるんかな?いや、もらってないべな。今そんな事できるのかな?
この人もインタコンチを奪ってますね。
個人的にはインタコンチのベルトが似合うスーパースター・ナンバー1です!

そしてそのミスター・パーフェクトからインタコンチを奪ったのが、
元WCCW王者にして元NWA世界王者・ケリー・フォン・エリック
本当ケリーは勿体無い選手でしたね・・・。交通事故さえなければ・・・。
あのビジュアルに身体能力。プロレスラーとして、ウォリアーやルガーとは比較にならない程優れていたと思います。
本当にテキサス・トルネードの名前通り、WWEに竜巻を起こせたかも知れなかったのに。
ただ、余りの身体能力の高さ故、あんまり頭を使わなかったような気も…日本で言えばジョージ高野のような感じでしょうか?

さて、この四人はWWE時代こそが全盛期と言ってもいいでしょうね(ケリーを除いて)。
マーテル以外はすんなりインタコンチを手にしてます。

が!
元は団体を引っ張ってきたエース・チャンピオンであるにもかかわらず、WWE入りしてからは世界王座には就いてません。
それどころか、WWE世界タイトル戦線にもほとんど絡んでない。(ルードとカートくらい?)
この当時は今よりも政治面でカタい時代だったのかもしれません。

ですが、遂に他団体の王者だった男が、WWEの世界王座を手中に収める日がやって来ます。

その男こそ、ネイチュアボーイ・リック・フレアー
フレアーは王者のままWCWを退団→ベルトを持ったままWWE電撃参戦と言う離れ業をやってのけ、同じく初代ネイチュアボーイにして、初代WWE王者でもあるバティ・ロジャース以来二人目のNWA、WWE両団体でベルトを巻いた男になったわけです。
しかも、キャラ変更なし、名前変更なし、キャッチコピー変更なしで、です。
これ、当時としては凄い事ですよ。

さて、フレアー以降はどうでしょうか?
ジェリー・ローラー(AWA、USWA)、レックス・ルガー(WCW)、ロン・シモンズ(WCW)、ベイダー(CWA、 WCW、IWGP、プロレスリング世界ヘビー、三冠統一ヘビー…ベイダーは結局WWEとノア・GHC以外は全てフラッグシップタイトルを獲得してる。凄い!)は主要タイトル全てに就けず(ロン・シモンズはAPAのファルークとして後に世界タッグを奪取)、ビック・ショー、クリス・ベノワ、ブッカーT、ゴールドバーグ(すべてWCW)はWWE世界タイトルを獲得してますが、WCW崩壊後の獲得なので、政治的には多分にユルくなってる時代でした。
遅れてやって来た元王者・スコット・スタイナーやDDPは(ゴールドバーグも)、WWEの水が合わなかったのかもしれません。短期間でフェードアウトしていきました(ビック・パパ・パンプはスタイナー兄弟として以前に世界タッグは獲得してます)。

時は流れて、近年ではどうなってるでしょう?
元ROH世界王者のCMパンクやダニエル・ブライアンが、WWEでも世界王座に輝いています。


ココまで記憶を辿ってきて中邑と共通しているのは、

キャラや名前を変えておらず、直前まで王者だったリック・フレアーという事になるのではないでしょうか?


そして直近では、CMパンクやダニエル・ブライアンのような他団体で王者だった選手も、観客から支持を受けWWE世界王座にまで登りつめています。

今の中邑は、かなり観客から支持されているように思えます。
WWEはそういう点、かなりシビアに観てると思うんです。


そう考えると、正直中邑はWWEインタコンチまでは確実に行くと思います!
そして、アントニオ猪木以来の日本人WWEチャンピオンも全く夢ではないような気もするんですよ!(猪木はWWEでは正式に王者として認められておらず、歴代王者に名前は連ねてないけど)。

まぁ、そうなったら快挙だね。
頑張って欲しいわぁ~。

あ、ブル様書くの忘れてた・・・。

スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

コメント

Hさん凄いです‼︎

記事に書いてある内容全て覚えているんですね!

やっぱりプロレスファンは違いますね。

中邑選手WWEインターコンチネンタル
の白いベルトを巻く姿早く観たいです。

猪木選手は正式に王者として認められていない(・・?)
何故?何故??

Re: タイトルなし

みーさん、いつもコメントありがとうございます

> 中邑選手WWEインターコンチネンタル
> の白いベルトを巻く姿早く観たいです。
> でも、まだNXTですもんね。
NXTの王座は巻けそうな気はしますよね。
インタコンチは日本人で巻いた人間いないんですよ。
そこまではいけそうな気はするんだけどなぁ。


> 猪木選手は正式に王者として認められていない(・・?)
> 何故?何故??
>馬場さんはNWA王者ブリスコと交渉して、正式にNWA本部に王者として認められてます。
が、猪木はちゃんと交渉しなかったか、或いは交渉が決裂したので勝手にやってしまったか、です。
ただ、当時は新日とWWEの関係は良好だったので、
「日本でやる分には好きにしていいよ。でも、王座移動は認めない。日本では勝手にベルト巻いて獲得した事にしてもいいけど、アメリカではなかった事にするから」
ってな感じだったのかな?

つまり、猪木がボブを倒した試合自体、WWEが王座戦として認めて無かったと言う解釈なのかと。
で、ボブを倒した事とこれまでの功績から、代わりにマーシャルアーツ王座を新設してあげるからそれで我慢なさい、と。

今みたいなネット時代じゃないですからね。
海の向こうの事は知らんって言うユルい時代だったんでしょう。
日本では王座決定戦だったボブーダンカン戦も、アメリカではボブの防衛戦だったのしょうね。

日本人が世界王者になるのが許されていない時代から40年近く経った今、WWEは中邑をどう評価するか見ものですね。

お返事ありがとうございます。

アメリカではなかった事にするから…

えーっ そんな事って(´・_・`)


それにしてもプロレスファン、長く観てるかたはよく覚えてて色んな事を知っていますね。
Hさんまた教えてくださいね(*^^*)

Re: お返事ありがとうございます。

> アメリカではなかった事にするから…

えーっ そんな事って(´・_・`)
>

いや、実際はわかんないですけどね。


> それにしてもプロレスファン、長く観てるかたはよく覚えてて色んな事を知っていますね。
Hさんまた教えてくださいね(*^^*)

>
最近の事は覚えられないんですけどね><
みーさんを「昭和の女」にするため必死に頑張りますわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク