FC2ブログ

`81ジャイアントシリーズ〜`81世界最強タッグ決定リーグ戦で妄想

1981年。
全日本プロレス創立10周年記念ジャイアントシリーズが開幕した。
10周年に相応しく参加外国人を豪華メンバーが出揃った。
時のNWA世界王者・リックフレアー。
ご存知ザ・ファンクス。
超獣ブロディ、美獣レイス、飛獣スヌーカ、人間発電所ブルーノサンマルチノ、魔王デストロイヤー…などなど。

このシリーズでは復活インター王座を巡ってドリーファンクjrとブルーザーブロディの抗争に注目が集まっていた。

ドリーは息子ディンク君と共に来日。息子に勇姿を見せるつもりでいるようだ。

ブロディはもう一人、因縁の相手ブルーノとのシングルも組まれており、この豪華メンバーの中で如何に自己主張をしていくか、いつにも増してピリピリしていた。

そんなブロディに馬場から極秘ミーティングに参加しろとの連絡が入る。
疑心暗鬼なブロディは何か良からぬ予感がしていた。

ブロディが馬場から指示されたホテルの一室に入るとそこには馬場の他、ディンク君を加えたファンク一家、そして2mを超える大男が待ち構えていた。
そう、ハルク・ホーガンである。

「な、何故ここにハルクが!?」

「ナイス トゥ ミーチュウ ミスターブロディ。」
人懐っこい笑顔で握手を求めるホーガン。

「ウゥ…あ…、アイム ノット ファイン。とてもマトモではいられないよ、ハルク。一体これから何が始まるのだ??馬場、何を考えている?」

「ブロディ、まぁ落ち着け。君にとってもチャンスが広がる話だ。」

こうしてディンク君事件の話し合いが持たれた。

6人の確認事項はこうだ。
・ハルクホーガンはマスクドXが途中参加する直前の事件当日にマスクドXになる。それまでホーガンは全日本のシリーズに同行しない。
・ホーガンはファンクファミリーとしてブロディと抗争に入る。
・ホーガン移籍はトップシークレット。スヌーカにもロブレイにも極秘。

「…わかった。だが、ファンクスもハルクも私を甘く見ないほうがいい。ハルク、リングに上がる時は覚悟してくれ。」

「オーケー。あなたの事はリスペクトしていた。私の事も見くびらないで欲しい。
リングで会えるのを楽しみにしているぜ、ブラザー。」

こうして全日本プロレス創立10周年記念・81 ジャイアントシリーズが開幕した!!

続く。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク