FC2ブログ

アップデートは出来たかい?

スルーも出来たんだけど、
やっぱりこの話題に触れておこうかな。

岡村隆史、風俗を自粛「神様は乗り越えられない試練は作らない」

ナイナイの岡村が発言したコレ。

「また吉本芸人か・・・。」
と、うなだれてしまったので、
思わず呟いてしまいました。



この岡村の発言は、

この状況は、今後社会的弱者が量産されるから、
社会的強者は今は我慢して、美味しくいただける時を楽しみに待て!


って言ってるのと同じ。
完全に人権意識がないよね。

そして、もう一つの問題は、

49歳にもなる日本を代表する人気お笑い芸人が、公共の電波を使って平然と言ってのけた

って点だと思うわけです。

中学生、高校生が友達と話すレベル。
本来なら、怒られてしまう、軽蔑されてしまうレベルの話を、

社会的影響力のある、ベテラン芸人である、大の大人が、
電波を通して、恥ずかしくもなく言ってしまった。


オラも若い時なら笑って聞いたかもしれないけど、
明らかに異常な発言なんだよね。

「そんな異常な発言だから面白い!」
って時代は、とうに過ぎ去ったと思うし、ガキの考えなんだよね。

もし、これが漫才のネタであって、
「こら!いいすぎや!!」
ってツッコミがあったとしたら、まだ救いはあったかもしれないけど(今はそれも難しいかな?)、
なんかナチュラルに出てきた感があったから深刻なんだよね。



で、今日。

岡村がANNで謝罪したようでした。

ナイナイ岡村が“女性蔑視”発言を謝罪「不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます」

最初の30分は一人で話していたようですが・・・

やっぱりイマイチ何が悪かったかを理解できていなかったようなんですよね。

炎上している→謝ろう、
と、ここまで単純に考えていたわけではないようですけど、
「なぜ、不快になったのか」
とか
「どうして不適切だったのか」
とかを理解できていなかったんじゃないのかな?

って思ってしまったんですよね。



この方の呟きがワタクシには一番シックリきました。


しかし、岡村ANNリスナーは擁護派が圧倒的な多数。
それもゲンナリするような、問題の本質が掴めてない擁護ばっかり。

「あぁ、この謝罪じゃ岡村の人権意識は変わらないで終わりだろうなぁ~。」

と思っておりました。

すると・・・

矢部浩之、不適切発言の岡村隆史をラジオで公開説教 問題点を次々と指摘「知らん間に偉くなって…」

なんと相方の矢部が約5年ぶりに登場し、
岡村の根本的な問題
致命的
と指摘し、滾々と説教。

岡村を、問題の本質からズレたところで擁護していた多くのANNリスナーをも納得させ、感動すらさせてしまいました。

矢部の岡村に対する公開説教は、
今回岡村発言を批判していた人間のものと本質的に変わらない。
的を得ている。

だから批判していた人間は、
矢部の言っている事に納得するし、
擁護していた人間は岡村のように胸に刺さったんだと思う。

矢部はこれ以上ない形で
「ナインティナイン」を守ったと思う。

何度も書いている通り、
ナイナイアレルギーを持つワタクシは、
ANNも聴いちゃいないし、ナイナイを面白いと思ったことは一度もありません。

だから今回の岡村発言で、
「これでナイナイ消えてくれればいいのに」
くらい思ってました(失礼!)

でも今回、矢部に好感持ってしまいましたね(単純)。
ちゃんとした大人の誠実な対応ってこういう事じゃないでしょうか。

岡村はいい相方持ったと思いますわ。



ちゃんと謝罪して、
ちゃんと相方が突っ込んだ(軽くというか、公開説教もした)。

ワタクシはどっかの政治家のように
曖昧にしたまま、
有耶無耶なまま、
謝罪しました、ハイ終了~って、
終わるんだろうと思ってたので
今回は凄く爽快感があります!

ナイナイがずっと最前線にいる理由がわかったような気がしました。
少しはアレルギーも治まったかな?

いや、でもやっぱりワタクシは
ナイナイ嫌いのままでいようと思いますわ^^
スポンサーサイト



テーマ : ナインティナイン - ジャンル : お笑い

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク