FC2ブログ

プロレスリング ~その光と影~ ハートファミリーの真実

前回
からの続きです。

全てをリアルに

そこに芸術があるんだ

ヒットマンの拘りは、
怪我をしない事、そしてさせない事でした。
それは、
プロレスは芸術でなければならない
と言う信念からでした。

そしてプロレスが芸術である為には、
卓越した技術、個性が必要である、と。

レスリング一家に育ったヒットマンは、
怪我に敏感でしたし、更に周りから”インチキ”呼ばわりされる事にも敏感でした。
だからこそ、本物の技に裏打ちされた
”卓越した技術”
が必要だと考えたのでしょう。

そう思ったキッカケになった少年時代のエピソードがあります。

プロレスを守って来た

変な一家

いじめられてきた

常にプロレスの事で

八百長レスラーだ

お前の父ちゃんもインチキだ

少年時代のオラにとって、
”プロレスは八百長”
と言われる事は何よりも大きな屈辱でした!

只のプロレスファンのオラでさえそんな思いだったのに、
実の家族の事を言われるなんて、想像を絶する相当なストレスだった事でしょう。



アリソン・ハート
臭いハート一家
エリー・ハート
最悪の時

姉や妹たちも馬鹿にされ

ジョージアを

放課後に
ジョージア・ハート
お兄ちゃんがアンタを

只のいじめっ子

決めたんだ

覚悟を決めたヒットマンは最終手段に挑みます。

OK牧場

先生が応援

ぶっとばす

喧嘩

無造作にパンチ

肩車

全員で担がれた

レッスルマニア10でベルト奪取したヒットマンは、
その時もレスラー仲間から肩車されました。

中二
ダイアナ・ハート
人生で最高も瞬間だったわ

家族のヒーロー

この事件をきっかけになめられてはいけない
と改めて思ったのではないでしょうか。
そして、実力を見せれば疑ってる奴らを納得させられるとも。
だからこそ技術に拘るんだ、と。

他の子どもたちはハートファミリーの真実を知らなかったのです。
実際のハートファミリーは本物の技術を教えられていました。

そう、地下のトレーニング室ダンジョンです!


ハート家の地下室、
ダンジョンとはなんだったのか?
ダンジョンの真実に迫ります!
ハート家の真実

叫び声の正体

ギャーギャー
キース・ハート
リングに上げろ

床の穴

叫び声を録音

泣き叫んでたわ

デイビーボーイも泣き叫んでいたのかな?
この映像時のBGMは叫び声でした^^
故・オーエンが録音したものかな(多分違う)?

修業が足りん

カール・ゴッチは音楽は流していたのかな?
藤原喜明も浪曲流しながら練習すればいいのに^^



映画の撮影の為か、二人の大型若手レスラーがダンジョンに現れます。
どこかで観たような気も・・・。
俺たちをしごいてくれるんですかい

一つや二つくらいは

かかってきてください

伝説のダンジョンの存在は知っていても、
当時81歳だったステュの事を全く恐れておりません。
逆に軽く馬鹿にしております。

いい前フリです!
予想通り・・・

腕の感覚がありません

この腕を後ろに持っていけば・・・

だがこうやって持っていくと・・・

やめてください

技をかけつつ解りやすい説明をしていくステュ。
一方相手の若手は常に
「イエッサ!イエッサ!」
を連発!

喉の筋肉が萎縮

何の感覚もなくなったんだ

完全にビビっているもう一人の若手。
この人もどっかで見たような・・・メジャーのリングにいなかったっけ?
忘れちゃったな・・・。


ココを観てみろ
血管を指さし、
「ここの色が変わってきてそのまま絞め続けたら6週間は目が充血したままだ
と解説

唇も青くなり始めて

顔
いい顔してますなぁ~。

まさに修行の足りん二人でした。


そんなステュに育てられたヒットマン

月夜のヒットマン

月夜に何を観てるのでしょうか・・・。


続く
スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク