FC2ブログ

プロレスリング ~その光と影~

「ヒーローはそう簡単に見つかるものではない」

ホテル

レスリング・ウィズ・シャドウズ

「ヒーロー・・・」

モントリオール前日

モントリオール前日2

モントリオール前日3

映画はモントリオール事件前日、ホテルでのインタビューから始まります。
いきなり衝撃(?)のカミングアウトがヒットマンの口から飛び出します。

しかし・・・

「俺には出来ない」

「絶対にできない」

「脳みそを・・・」

ビンスの要求を受け入れる事は出来ない、
絶対に出来ないと言うヒットマン
それはヒットマンと言うキャラクターを
頭から撃ち抜かれる事と同じだと言います。

「嘘だという・・・」

「リアルなんだ」

ヒットマンはカムアウトしながらも、
世間が思う、八百長だの、演技だの、嘘だのと言う範疇を超え、
魂を込めて築き上げてきた、リアルな感情、信条を体現するのがプロレスなんだ
と主張しています(※個人的な見解です)。

「同情しない」

「身勝手な・・・」

「はめたんだ」

続いてモントリオール大会翌日のRAWで行われた、
ビンスのインタビュー場面が映しだされます。

ビンスはあくまで会社の・・・いえ、ボスである自分の指示に従わなかったヒットマンを糾弾します。
よく見ると、左頬には前日ヒットマンに殴られた痣が・・・。


アメリカプロレス界に残る大事件と言われるモントリオール事件とは、一体どのようにして起こったのか?
本来ならヒットマンの自伝ドキュメンタリーになるはずだった映画が、
その一部始終を撮影しておりました。



舞台は一年前に遡ります。

一年前

「サイン会」

「WWF の為に・・・」

明るい表情

ヒットマンはサイン会やインタビューに明るい表情で答えています。
オープニングの苦悩するヒットマンに比べて、
本当にこの頃は何の問題もなく過ごしていた感じが伝わってきます。



「俺がWWF・・・」
「その約束は 俺がWWF世界・・・」

噛んじゃった
「・・・(噛んじゃった)。」

「サマースラムで何があるかって・・・」
「俺はそこで そこで・・・」

噛んじゃった2
「・・・(噛んじゃった)。」

おしゃべりはあまり得意ではなかったようでNG連発(微笑ましい^^)!
なので皆で練習!

「ハングリー過ぎて・・・」

「覚悟しろよベイビー」

「どこで覚えた」

「ちょっと本でな」

セリフもちゃんと考えます(本のパクリだけど)!
真ん中にいるのは当時のブッカーで、
後にWCW世界王者になり、WCWをめちゃくちゃにしてしまったビンス・ルッソーですね。

煽りV

「よくみてろ・・・」

練習通りのセリフに笑顔のハート・ファンデーション(微笑ましい^^)!
インタビュアーはドク・ヘンドリクスことマイケル・ヘイズですね。

ブレイドハート

様子を見守るのはヒットマンの次男ブレイド君。
この子も今では30歳前後くらいか・・・。

ウォリアーズ&ケンシャム

ストンコ

撮影当初は本当にごく普通のプロレスドキュメンタリーのように、

煽りVの裏側や、

ゴールダスト

テキサスっ子
ゴールダストの素顔(本当はノーマルなテキサスっ子)、

ベイダー

「赤ちゃん」

「納得いかない」

「壊し屋と呼ばれる・・・」
ナイーブなベイダー(日本やWCWの時のように暴れられない悩める壊し屋)、

サニー

良い友達…ただそれだけだ
サニーとの仲(ただの友達?)、

そして・・・
ショーン

「俺は好きじゃない」

ショーンとの関係・・・

このようなWWF(当時)スーパースターズのバックステージ紹介となっています。

勿論ビンスについても。

ビンス




続いて
ヒットマンの家族構成が紹介されます。

ハートファミリー


8人の男兄弟は全員プロレス関係の仕事に、
4人の女姉妹は全員プロレスラーと結婚しました。
デイビーボーイ・スミスとジム・ナイドハートは義兄弟にあたります。

しかし・・・

ヘレンハート

「好きになれない」

「かかわる事は出来ない」

母親のヘレンさんはプロレスが好きではありません。

結婚当初、
「あと二年位でやめる」
と聞かされていたそうです。

ところがその後20年以上プロレスと関わる事になりました^^

「じいちゃんが・・・」

孤児院へ

ヒットマンの祖父は無実の罪逮捕されたとの事。

それでステュは孤児院へ・・・。

そこで待っていたのが、

レスリングに出会った

シューター

シューターとは・・・

シューター揃いのレスリング道場でした。

股に挟む

身体からさよなら

タフになりたかった

昔のレスラーは絞め技を得意とする選手が多いですよね。
”ストラングラー”と言うニックネームが多かったり、馬場さんの道場での得意技が胴締めだったり。

ステュはしごきに耐え続け、技を覚え、極めさせなくなり、

ステュを作りあげた

若きステュ

プロレスラーとなり(イケメンですな)、
そして、一大プロレス一家を築き上げました。

ヒットマンのプロレスに対するプライドや拘り、思想・信条は、
”偉大なる父”ステュ・ハートからの影響が大きいようですね。


次回に続きます。
スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク