FC2ブログ

ヒットマン一座の来日公演

レッスルマニア10を終えたWWF(当時)は、6月のPPV「キング・オブ・ザ・リング」まで大きな大会はありませんでした。

そんな繋ぎともいえる期間にツアーに出発します。
4.23から”死の14連戦”と言われた
「レッスルマニア・リベンジツアー」です!

そしてそのうちの一環だったのが

そう、「WWF(当時) マニア・ツアー」です!

遂にWWF(当時)が単独で日本上陸することとなったのです。

どういういきさつだったのかは不明ですが、主催はキョードー東京。

WWF(当時)サイドは、プロレス黄金郷と言われた日本での興行なら、
「目をつぶっていてもソールドアウトになる!」
と自信を見せていたそうです(そもそも「日米レスリングサミット」も単独で開催する予定で、
ホーガンVSサベージなら東京ドームを埋められる」
と本気で考えていたようで・・・)。

キョードー東京サイドは、ビッグネームの海外アーティストを呼ぶような感覚でいたそうです。
確かにそんな考えなら、ノーTV、ノーパブリシティでも動員できると思ってしまうかもしれません。

しかし当時の日本のプロレスファンは、WWF(当時)を一段下に観ておりました。
日本で発売されていたホーガン時代のWWF(当時)のビデオを観たって,
大味の試合しかしてない、演出に凝り過ぎで中身がない、殴る、蹴るだけの木偶の棒ばかり・・・

そんな印象を持ったファンはかなり多かったはずです。

ヒットマンが主役になった時にはホーガン不在で、
WWF(当時)ビデオを観てる人間は一段と減っていたと思われます。

オラは北海道ローカルの深夜バラエティに出ている鈴井貴之を「ぷかぷか」内の「愛の狩人劇場」から「モザイクナイト」まで我慢して何年もずっと観てきましたが、やっぱりどうしようもなくつまらなくて大嫌いになり、
「もう鈴井貴之を観るのはやめた!」
と決めた後「水曜どうでしょう」が始まりました。

それと一緒で、「もうWWF(当時)ビデオ観るのはやめた!」
と言うところで現れたのがヒットマンだったのだと思います。

さぁそれでは、
座長・ヒットマン率いるWWF(当時)マニアツアーを振り返りましょう!


結果的には、皆さんご存知のように
マニアツアー」は本当にマニアのためのツアーとなってしまいました…。

オラは1994年 5月11日 月寒グリーンドームで行われた大会を観戦。
グリーンドームのプロレス大会史上最低の入りじゃないかと思ってしまいました。
この年の1月に、同じく月寒グリーンドームでみちのくプロレスが大会を開催。
北海道初進出でその時も観戦に行ったのですが、そのみちプロよりも動員は少なく感じました(実際はみちのく3500人、WWF(当時)4646人。共に主催者発表)。

メインはブレット”ヒットマン”ハートVSヨコヅナ 
WWF(当時)世界ヘビー級選手権試合!!

レッスルマニア9&10のメインカードです!

実はこのカードしか覚えておりません!
本場と同じ、実にいい試合でした!
結果は10分弱の反則決着でしたが、オラは十分満足でした。
一緒に行ったWWF(当時)初心者の友人は
「メインは確かに良かった」
と言ってくれました。

ブレットin札幌


その他のカードは
・”マッチョマン”ランディ・サベージ対”風雲昇り龍”天龍源一郎
・バン・バン・ビガロ対青柳政司
・ドインク対新崎人生
・アランドラ・ブレイズ対井上京子
・ボブ・バックランド対リック・マーテル
・スモーキン・ガンズ対123キッド&平井伸和
・ヘッドシュリンカーズ対オーエン・ハート&タタンカ
・アンダーテイカー対アダム・ボム

でした。

覚えてるのはテイカーくらいかな・・・。
マッチョマン対天龍すら忘れてたよ・・・。
女子王座戦もあったよな、そういえば・・・。

本当、会場の静けさと、
それを悲しそうに二階から見てたポール・ベアラーの姿が
妙に記憶に残ってます。

実はテイカー、本国では欠場中だったんですよ。
本国で復帰を果たすのはサマースラム94から。
でも、日本公演には欠かせないですよね。

ショーンも来日予定だったんですが、怪我で来日キャンセル。
その代打がマーテルでした。
もし来てたら誰とやったんだろ?
バックランド?
ヒットマンとも絡んだかな?

天龍は5日に大仁田と電流爆破をやって、
3日後にはWWF(当時)と絡むと言う幅の広さを披露。
ヨコヅナ戦でキレてマッチョマン戦で機嫌が戻ったと言います^^

人生とブル様はこの後WWF(当時)と契約。
しかしこの時はWWF(当時)の日本での評価が著しく悪く、
その功績が正当に評価されませんでした。

正当に評価されなかったと言えば、やはりヒットマンでしょうね。

当時の雑誌には同じ様な事を書かれてました。

「レスリングは上手いが、キャラクターが薄い」
「技術的にはトップクラスだが、体格が小柄」
「ハードな闘いをするが、インパクトに欠ける。」
・・・などなど。

皆、レスラーとしてヒットマンを高評価しているのですが、
如何せん日本における動員力が無い事にツッコミを入れております。

そう、WWF(当時)でのヒットマンは、
全然日本に浸透していなかったのです!


94年当時でも、日本におけるWWF(当時)とは、
ホーガンであり、マッチョマンであり、ウォリアーだと。

日本のプロレスファンはWWF(当時)の最新情報を知らない人間ばかりで、完全に時代遅れだったのです!
多分ですが、記者の中にはこのマニアツアーヒットマンの実力を知った、
勉強不足な人間が少なくなかったと思います。
そして知る必要もないほど、日本には色々なプロレスが溢れ返っていたという事なのでしょう。

マニアツアーを観に来た当時のユニバースは、
当然ヒットマンやテイカー、ヨコヅナ辺りを目当てに観に来てたはずなんです。

ただ、日本のプロレスファンはそんなにWWF(当時)に対して熱心な人間はおりません。
もう当時から既にそれぞれのファンが細分化されていたのです。
日本のプロレスが好きな人間は、WWF(当時)に関心が持てなかったのです。
ひょっとしたら今以上にファン層が食い違っていたかもしれません。

日本のプロレスが好きなファンは、
新日育ちのホーガン
レスリングサミットで目立ってたマッチョマンウォリアーには多少の関心は持てても、
ブレット・ハートとなると・・・

誰?

と、本当に無関心だったと思われます。

仮に知っていても、
初代タイガーのすんごいドロップキック喰らった人でしょ?
とか、
木村健吾に負けてた人だ
とか、
SWSでジョージに負けた人だよね?
となった事でしょう。
これらの試合の記憶により、

残念ながらヒットマンは、
わざわざ観に行く必要のあるレスラーではない、と
日本のプロレスファンに判断されたのではないでしょうか?


前々回、
ジョージ戦と木村戦に敗れた事は、ヒットマンに影を落としたのではないか?
と書いたのはこの事でした。

実際ヒットマンは当時のインタビューで、

「日本のファンは今でもあの時の僕の事を覚えてるみたいだね。」(週プロ)
「日本のファンは俺をヤングボーイの過去の姿で観ているのかもしれないが、俺は成長している。」(週ゴン)
「僕はプレーン、シンプル、グッドレスラー。」(週プロ)
「ハイクオリティのWWF(当時)で、何故俺がチャンピオンでいられるのかを証明したい。」(週ゴン)

ヒットマンはこのツアーの失敗を自分のせいではないか?と責任を感じ、
かなり落ち込んでいたそうです。
このインタビューに照らし合わせると、
ひょっとしたら、自分の過去の事が原因で動員が出来ていないのではないか?とまで考えていたかもしれませんね。

実際ゴングでは、
「日本における過去の実績や評価ではオーエンの方がはるかに高い」
「”過去”とのハードな闘い」
と滅多切りにされております。

もう一つ、ヒットマンが不運だったのは、
世界王者として来日したレスラーの質が、かなり落ちていた時代の来日だった事です。

89年にNWA世界王者として来日したリッキー・スティムボート
90年にWWF(当時)世界王者として来日した、アルティメット・ウォリアー
92年にWCW世界王者として来日したレックス・ルガー
更にまだ見ぬ強豪として来日したスティング・・・

皆、目の肥えた日本のプロレスファンには受け入れられず、日本での評価は散々なものばかりでした。

そこにヒットマンが、
”WWF(当時)世界王者でござい!
世界トップクラスのレスラーですよぉ~!”

と現れたって、見向きもされないのは当たり前でした・・・。

それでなくても当時の日本プロレス界は、
新日本はドーム興行連発の黄金時代、
全日本は四天王プロレスが深夜のTVで高視聴率、武道館連続ソールドアウト時代、
Uインターは高田がニュースキャスターを務めるほどの人気、
FMWは大仁田のカルト人気でTVに引っ張りだこ、
女子プロ対抗戦で空前の盛り上がり、
その他、リングス、みちのく、パンクラス・・・ETC。
観たいプロレスが山ほどあった時代なのです!

当時、色々失敗の原因を書いてました。

”本場のような演出がなかったから”
”ノーTV ノーパブリシティだから”
ホーガンがいなかったから”

どれも正解なのかもしれませんが、
結局オラが考える失敗の原因は、
”日本の真面目なプロレスファン”を顧客に考えていたからだと思います。
この後、”日本の真面目なプロレスファン”がどこに行ったかと言うと、
K-1やPRIDEに根こそぎ持っていかれました。

そもそも客層が違ったのだと思います。

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊が大好きな人間に、スーパーマンを売ろうとしてもなかなか売れないんじゃないでしょうか?

WWF(当時)は新しい客層を時間をかけて作らなければ日本では成功しない事を悟ったのだと思います。
本来、この年の10月に再びツアーで廻ろうとしていたのですが、それは中止となりました。

WWF(当時)が再び日本に上陸したのは、2002年の事。
8年もの歳月が流れておりました。
日本でもRAWやPPV大会が観られるようになってから約5年後(!)の事でした。

そこまで浸透させないと日本での興行は成功しないという事なんでしょう。

加えて当時の日本のプロレス界は、
K-1やPRIDEに押されまくり、
大仁田は引退と復帰の繰り返しで人気が縮小、
高田はヒクソン戦に連敗で株が大暴落、
新日は小川に振り回され、
全日はマンネリ化、
女子プロ対抗戦は下火になり全女は倒産、
観たいプロレスがどんどん無くなっていく状況でした・・・。

そこへストンコやロックのような魅力のあるスパスタが毎週日本で観れる状態になった。
こうなるともうWWF(当時)の独壇場になるのでしょう。

WWF(当時)は8年越しのリベンジに成功しました。
いわゆる伝説の横アリです!

・・・しかし、その場にヒットマンの姿はありませんでした・・・。
WWF(当時)が日本公演を成功させた年、
ヒットマンはサイクリング最中、脳梗塞で倒れました・・・(現在はほぼ回復)。

誰よりも日本のスタイルに近く、2人の日本人をコーチに持ち、WWF(当時)史上最高の実力を持つ男と呼ばれたブレット”ヒットマン”ハート。そんな彼が、最後に日本で試合をしたのが、ガラガラの会場だった札幌でのヨコヅナ戦でした・・・。

ファンとしては初代タイガーとのWWF(当時)ジュニア王座戦も、ヨコヅナとのWWF(当時)世界王座戦も生観出来た事は嬉しい気もしますが、
本当はフルハウスになった日本の大会場でもう一度ヒットマンの雄姿を観たかったなぁ~・・・と考えてしまいます。

いつかまた日本に来てくれる事を願ってやみません。



最後にマニアツアー札幌での束の間のオフの写真を貼って終わりにしたいと思います。

ブレイズ、マッチョマン&ヒットマン
何処だろうな、ここ?
中島公園?赤レンガ?
ヒットマン&ブレイズ
違うな・・・。
あ!ひょっとして・・・

テイカーinビール園
やっぱりサッポロビール園だ!
アンダーテイカーもご満悦^^
ブッチャーばりにフォークを手にするポール・ベアラー。

サモアンinビール園
笑顔の人生&館長^^
ヨコヅナと合わせて三人の日本人(?)とサモアン・スクワットで合掌!

そしてマニアツアー最後の集合写真
マニアツアー最終戦

皆、微妙な顔ですな・・・。

(画像は全て週刊ゴングから)

スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
7位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク