FC2ブログ

闘う男たちの聖書

先日久々に実家に帰省致しました(同じ市内だけど)。

そこで懐かしい本が出てきました。

以前探した時にはなかなか見つからなかったので、すっかり無くしたものだと諦めていたのですが
ひょっこり出てきました!

これ!!↓

FB.jpg

ファイターズ・バイブル
〔コータローまかりとおる! 最強格闘技の世界〕!!



うん、オラが一番ハマってた時のコータローだ。
この時の蛭田先生の絵大好き!

ちょうど第3部を終えて、コータローが人気も内容も一番充実してた時代だったように思います。

でもこのタイトル、今だと
「野球の本?」
とか言われちゃいそう(北海道だと特に)。

さぁではさっそく中を観てみましょう!

扉を開くと・・・
ジャ~ン!!
IMG_0488.jpg

はぁ~、カッコいい・・・。オラが大好きだった一部、二部の登場人物たち・・・。
砂土屋がいる・・・鬼村がいる…生徒会長がいる・・・。
紅バラがカッコいい・・・クララちゃんが可愛い・・・麻由美ちゃんが恥ずかしい(カッコさせられてる)・・・。

そして・・・、レモンパックの天光寺に追われてるこの頃のコータロー、最高にカッコいい‼

この絵、全体的に躍動感があって大好き!
うん。
こういうコータローの絵、大好きなんだよなぁ~。
絵柄を観ると第二部末期くらいに描いたように思えますな。
この時期の絵が好きなんだろうなぁ~オラは。

続いてページを開くと・・・

ILLUSTRATION by TATSUYA HIRUTA
IMG_0491.jpg
表紙のカバーイラストの全長版!

これもカッコいい!!

コータローでこういう本が出たのはこの時が最初で最後。
長期連載で人気だってあったはずなのにムック本がほとんど出ないのはファンとして寂しい限り・・・。
本当、こういうカバー原稿やカラー扉絵を集めたコータロームック本が出版されないもんかなぁ~。
それだけは絶対買うのに…。

さて、この本は四章に分かれていていて、第一章ではコータローについて詳しく書かれております。
登場人物やコータローの技を紹介したり、コータロー十番勝負なんかもあります。

後は世界の格闘技を紹介したり、様々な武器を紹介したり、最強の男になるための必要条件とは?
などが書かれております。

今回はそれらはとばしまして・・・(確か詳細に紹介してるブログもあったはず)、
原作者、蛭田先生のインタビューを観ていきたいと思います!

蛭田先生のインタビューってなかなかないと思うので貴重です。

題して・・・
”コータローはこうして生まれたのだ!”
先生のインタビュー 蛭田

元々はブルース・リーの大ファンだったと言う先生。
それ以前に”空手バカ一代”をちらちら読んでいて、ブルース・リーにハマり、大山倍達の空手入門書を買ったそうです。
そして同時期には松田隆智(『拳児』の作者。面白かったなぁ~)の著書にも触れていたようです。

コータローの原型はこの三人の影響があったようです。

”空手バカ一代”のパロディを描いてるうちに、髪がどんどん長くなっていき、
そのライバルは反対に無毛にしようと考え、
天光寺が生まれたんですねぇ~。

名前の由来についても、
「風魔の小太郎」からとったと語ってますね。

最終章と謳われた、
「コータローまかりとおる!L」では、
新堂の小太郎の末裔と言う設定が改めて出て来ました。

インタビュアーが
「忍者ものは(読んでましたか?)」
と聞くと

「闇の土鬼」が好きでした。」
と即答。

パクリ疑惑が出る前から先生自身がその影響を公言してたんですね。
特に色々な武器が出るから好きと書いてました。
「九節棍の元ネタですよ~」と直接は言ってませんが、
暗に語ってるようです。

漫画についても、小学生から描いていたが、実際にペン入れしたのは大学生からだと。

そして、アシスタント経験がないから二色もどう描いたらいいのか知らなかった、と書いてました。
「アオイホノオ」で島本和彦先生が描く数年前に同じ事言ってたんですね!

少年マガジン新人漫画賞は、
「アオイホノオ」で主人公・焔が、
「マガジンの新人賞は最もハードルが高い!俺には無理だ!」

鼻っから諦めていたほどレベルの高い賞。

そこで最高賞の特選でデビューを果たした蛭田先生。


やっぱり蛭田先生の漫画家漫画が読みたい・・・。
元アシの奥さんの話によれば、
「横のつながりがほとんどないから”アオイホノオ”のように面白くはならないと思います・・・結局猫漫画になりそう」
とmixiでお返事をいただきました。

確かに、このインタビューで横のつながりがありそうですね、と聞かれた時、、

「そうでもないです。電話で話すくらいで実際に会う事はほとんどないです」

と書いてありました。

まぁ忙しいってのもあるんでしょうね。
塀内さんとマージャンをやりましたとは書いてましたけど^^

最後にはJACの話、第4部の構想が書かれてインタビューが終了しました。



1985年に発売されたこの本。もう33年も前なんだなぁ~。


オラは
「コータローまかりとおる!」
ほど影響を受けた漫画は他にないのです!

コミックスは全巻所有、映画も行きパンフも購入(何故かなくなってる・・・)、小説も購入(こちらも何故かなくなってる・・・)
そしてこのファイターズバイブルも購入しております!
本当に思春期のオラが一番ハマった漫画なのです!


ですから蛭田先生!
コータローの再開、ずぅ~っと待ち続けます!!
あのまま終わらないと信じて復帰を待ってます!!

スポンサーサイト



テーマ : 古本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

懐かしい

トレインラリアートの載ったやつかな?

Re: 懐かしい

レガっち、コメントありがとうございます!

> トレインラリアートの載ったやつかな?

それはコミックス10巻ですね!
因みに”モノレールラリアート”です!

そしてコータローでは、ランニング・ネックブリーカーはフライング・スイーパーと表記されます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク