FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題~大型連休に考える~

いやぁ~、あっという間に連休が終わりました。
実は昨日(明けたから一昨日か)まで7連休だったのです!
約二年ぶりの大型連休。

何をしていいのかわからず、掃除したり、、実家帰ったり、宿題みたり、スキー(私はスノボだけど・・・)連れてったり(絶賛筋肉痛中!!)・・・。

殆どお金をかけずに過ごしました(スキー場は家から20分で着く格安スキー場)!

そして、図書館にも行ってまいりました。

今回借りてきたのがこちら。
IMG_0425.jpg

放送禁止歌

オウム真理教を追った「A」「A2」、
佐村河内守を追った「FAKE」
など、話題のドキュメンタリー映画を手掛けてきた森達也さんの書いた作品です。

もうずいぶん前から気になってたので、この休みを利用して借りてしまいました。

タイトルを観た長男が、
「エロい歌ばっかりなの?」
とニヤニヤしながら聞いてきました…。
まぁそんなのもあるかもしれんが…。

もう17年前の作品なので、
「何をいまさら…」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
読み進んで行くと
今更ながら驚かされてしまいました。

実は放送禁止歌っていうのは
厳密には存在しないそうです。

「この曲を流してはいけません」
という強制力のあるものは存在しないそうです。

あるのは

”要注意歌謡曲”と言うガイドラインだけ。
強制力もなければ、拘束力もない。
何年か経つとそれからも外され普通に放送してかまわないらしいです
(ちなみにこの本で載っていた最新の要注意歌謡曲一覧表は1983年!2000年当時で17年も前!今はどうなってんだろ?)。

しかも放送禁止と言うから、どこかからの抗議があったんだろうなとぼんやりと思っていたら、
実はそれもほとんどなかったという事実!

なんと、放送する側が勝手に
「これはまずい」
「これは面倒なことになりそうだ」

と、解釈して放送を「自粛」し、
それが放送禁止歌となり
メディアから消えてしまったそうなんです(それも各放送局が一斉に!)。

卑猥な歌詞が問題になる事はまぁわかりますが、
「この歌詞が放送禁止になるの?」
と言う歌の多い事!

正に今でいう忖度!!

卑猥なものだけではなく
差別用語、更には差別を歌った唄もメディアから消されていきました。

代表的なものとして

「山谷ブルース」
「手紙」
「ヨイトマケの唄」
「竹田の子守唄」

が載っておりました。

「竹田の子守唄」は
ソウルフラワーモノノケサミットバージョンでしか聴いたことありませんでしたが、
とても好きな楽曲でしたので、

「何でこの唄が?」
って感じでした。

差別を歌った唄には、
”そういう現実がある”
と理解する上でも
放送する意義があると思うのだけれど、
差別を唄うだけでNGだったようで。

そして一聴すると差別の唄だとは全く思わない曲たちも、
「どうやらあれは○○を意味してる言葉らしい」
「じゃあ放送禁止にしよう」
なんて具合にメディアから抹殺されていったようです。

別に差別だと抗議されてるわけでもないのに
勝手に消されてしまう唄達。

結局根っこにあるのが差別だという事も見えてきました。
そこでこの本ではテーマを「放送禁止歌と部落差別問題」にしたんだそうです。



この本を読んだ上でブラックフェイス問題の事
改めて考えました。

放送禁止にされた唄たちは、
オラには、現実にある差別に対して、
「こんな事もあったんだよ、 皆で考えてみないかい 」
って感じで歌われているように感じました。

それが考えるきっかけになるかもしれないのに勝手に蓋をされてしまったのが、
放送禁止歌。


ガキの使いの場合は、
オラには、現実にあった差別に対して、
「こんな事もあったんだよ。だから黒塗りはやめて欲しい」
って感じで言われてる事に関して
「物真似だからいいじゃん!」
って感じで言い返す子供のように感じました。

悪意無くアメリカ人に中指立てて「これはお兄さん指!」っていってるようなもの。
黒塗り問題を考えるきっかけにもなりえたのに自分達で蓋をしめたのが
今回のガキの使いの対応。


ワイドナも観ました。

松本のコメントも観ました。

「言いたいことはたくさんあるけど…もう浜田が悪いでいいです。」
って言ってましたね。

それって結局
「言い訳しか思いつきませんでした。ので、浜田が悪いでいいです。」
って事ですよね。

文句アリアリの顔で
「この後は全く黒塗りなしで行くのね。」
って言ってましたが、

そりゃあそうだろ?当たり前じゃん。
本当何言ってるの?
まさか浜田だから叩かれたとでも思ってるの?
”ダウンタウンがやり玉に挙げられただけ”って意識しか持ってないんだろうな。
最高に鈍感だわ。ビックリした。

ってのが感想です。

話が全然変わっていっちゃったな・・・。


最後に
ドキュメンタリー放送禁止歌があったので載せときます。


スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

>「ヨイトマケの唄」
美輪明宏がよく歌ってる曲として有名ですよね。
この曲は差別的な歌だったんですか?歌詞は全然知りません。

差別的な歌は、昭和時代は珍しくもなかったのでしょうが(60年代までは暗い歌が多いですし)、平成の J-POP 時代になってから「差別的な歌詞で放送禁止」は聞いたことが無いです。

韓国では、90年代まで「日本語の歌が放送禁止歌」でした。

ヨーロッパ諸国やアメリカには、「放送禁止歌と人種差別問題」がありそうですよね。
ルーマニアでは、一部の地域でマネーレ(ロマ音楽から強く影響を受けた歌謡)が禁止されていて、今でも根強い差別があるそうですし、フランスではロマ排訴で日本のマスコミでも話題になりました。

『放送禁止歌謡』と言うコンピレーション・アルバムが発売されていて、つボイノリオの曲が収録されていたのを覚えています。つボイさんは差別ではなく、卑猥な歌詞が問題で放送禁止でしたね。
だけど、嘉門達夫ほど笑えなかったので、ベストアルバムはもうブックオフに売りました。

川崎麻世もつぼイさんみたいに下ネタ歌謡を歌っていたら…歌手として正当に評価されていたかもしれない…と思うと、本当に残念です。

Re: タイトルなし

azadiさん、コメントありがとうございます。


> >「ヨイトマケの唄」
> 美輪明宏がよく歌ってる曲として有名ですよね。
> この曲は差別的な歌だったんですか?歌詞は全然知りません。

そのようですね。
それも今でいう忖度です。
「これはマズいんじゃないか?」
という勝手な意見で放送禁止になってた時期があったそうですよ。


> 差別的な歌は、昭和時代は珍しくもなかったのでしょうが(60年代までは暗い歌が多いですし)、平成の J-POP 時代になってから「差別的な歌詞で放送禁止」は聞いたことが無いです。

THE タイマーズくらいですかね?
あれ?ぎりぎり昭和だったかな?
J-POPがつまらないのもそういう優等生的な部分があるからかな?

> 韓国では、90年代まで「日本語の歌が放送禁止歌」でした。

韓国で初めて公式に日本のバンドが演奏されたのはソウルフラワーユニオンでしたね。

> ヨーロッパ諸国やアメリカには、「放送禁止歌と人種差別問題」がありそうですよね。
> ルーマニアでは、一部の地域でマネーレ(ロマ音楽から強く影響を受けた歌謡)が禁止されていて、今でも根強い差別があるそうですし、フランスではロマ排訴で日本のマスコミでも話題になりました。

ヨーロッパはわかりませんが、アメリカでは禁止用語が5つあってそれは明確にされているようですね。
ただ日本のような忖度はないようです。

> 『放送禁止歌謡』と言うコンピレーション・アルバムが発売されていて、つボイノリオの曲が収録されていたのを覚えています。つボイさんは差別ではなく、卑猥な歌詞が問題で放送禁止でしたね。
> だけど、嘉門達夫ほど笑えなかったので、ベストアルバムはもうブックオフに売りました。

単純に下ネタの禁止歌ならいっぱいありそうですね。
電気グルーブもかなり放送禁止にされたって言ってたなぁ。

> 川崎麻世もつぼイさんみたいに下ネタ歌謡を歌っていたら…歌手として正当に評価されていたかもしれない…と思うと、本当に残念です。

それはないでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。