FC2ブログ

君は、少年サンデーを観てたかっ!?

何度も書いてますが
オラは週刊少年サンデーで育ちました。

今回、改めて調べてみると、どうやら82年から91年までの約9年間ずぅ〜っと買い続けていたようです。

82年と言えばオラは9歳。
小学四年生から専門学生だった18歳までですから長いですよね。

買い出した当初はジャンプが黄金期になる直前(でも既に少年誌でトップの売り上げ)。
しかしオラは、周りのジャンプ派の友達(ほぼ1対多数)といつも争っておりました!

そこで人気のバロメーターとなるのが
テレビでした!

そう、
どちらの雑誌の作品が、どのくらいアニメ化、実写化されたかを言い合っていたのです(アホ)!

「ジャンプは〇〇と〇〇がアニメ化されたぞ!」
「サンデーだって〇〇がアニメ化されたんだよ!」

考えてみれば、あの当時はサンデーも結構アニメ化されていた記憶があります。


そこで今回は、
オラが買い始めた前後の、
週刊少年サンデー映像化作品を紹介していきたいと思います!



それでは、まずはこちら!

オラが読み始めた頃は連載末期で、
アニメも終了してましたが
実写映像化もされたのがこちらの作品。

「ダメおやじ」



アニメの方はテレビ東京だったとの事。
そりゃ観れないもの、覚えてるわけもないなぁ。
…と言うか、一歳でしたね^_^;
でもその一年前には、実写化もされていた模様。
オラの生後9ヶ月、そろそろ歩き出す頃の1973年11月に全国東宝系で公開されたようです。
ダメおやじは三波伸介!
満点パパがダメおやじ!
この人、絵が上手かったなぁ〜。
お相手は倍賞美津子さんなんですねぇ〜、コメディ映画率高いなぁ。


続きまして、オラが読み始めた頃はもう連載が終わってましたが、70年代後期〜80年代初期のサンデーを支えていた二作品を紹介します。

「まことちゃん」

「ぐわし!」
…これって勝平の「決めっ!」の元ネタになるのかな?
80年代後半に、サンデーで短期間連載もされたのですが、オラには「まことちゃん」の面白さは全くわかりませんでした…。
映画化された際、近くの銭湯にポスターが貼ってあって、なんか絵が怖かったんですよね。
テレビもされていた気がしたのですが、映画版だけだったようです。
なんとツービートも本人役で出演!
観てみたい…。


「がんばれ元気」



ご存知、小山ゆう先生の初ヒット作!
実は未だ読んでおらず、なかなか読むキッカケが掴めないでいます…。
オラがサンデーを愛読してた時は、
小山先生は「スプリンター」を連載してました。
面白かったなぁ〜、「スプリンター」。


どんどん行きましょう!
オラが読み始めた時に大人気作だったのが、こちら。

「ダッシュ勝平」


この主題歌のサビ、覚えてるなぁ〜。
日曜日観てた気がします。
制作はタツノコプロだったんね。
実は漫画より先にこっちを観ていた気がします。
「あかねシュート」が原作では「トキオ」になってて違和感があった記憶があるので。


続いてサンデーの…いや、日本漫画界の女帝・高橋留美子のメガヒット作品!

「うる星やつら」



オラは初め、ラムちゃんと勝平は同じ作品のキャラクターだと思っておりました。
テレビ化された時期が近かったので、
サンデーの表紙を勝平とラムちゃんが一緒に飾っており、勘違いしたんですよねぇ〜。
この時って水曜7時が「Dr.スランプ アラレちゃん」、7時半が「うる星やつら」と言うジャンプとサンデーによる豪華リレーでしたね(あんま興味なかったけど)。


そして、
これは週刊少年サンデーではないんですが、増刊号の人気作品だった、

「さすがの猿飛」



主題歌は伊藤さやか!
「陽当たり良好」でヒロインを演じた伊藤さやかさんが今度は「さすがの猿飛」で歌ってるのですねぇ〜。
小学館に気に入られていたのでしょうか?
ただ、特に第2期のEDが頭に焼き付いております。
この作品から後、フジテレビの日曜日夜7時枠では、しばらくサンデーの漫画が放送されていた記憶があります。
と言うか、フジテレビ率が高い!
ダメおやじとまことちゃん以外フジテレビだ…!


そして「さすがの猿飛」が終了して
次に始まったのが、
同じ細野不二彦作品。

「GuGu-ガンモ」



これはコミックス持ってたなぁ〜。
原作の最終回の衝撃が強すぎました。
アニメ版は声がピッタリですね!
”デジャブ”と言う言葉はこの作品で覚えました。

更に細野不二彦作品で、
「GuGu-ガンモ」よりも前の連載作品が、
16年の月日を超えてアニメ化されたこちら。

「どっきりドクター」



「なぜ今?」と、当時は思ったものです。
制作側に幼い頃、この作品が大好きだった人間がいたのかなぁ〜。
主題歌も懐かしいな。


よし!続こう!


スポンサーサイト



テーマ : 週刊少年サンデー全般 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

私の弟は…

私の弟も小さい頃からマンガが好きで
確か幼稚園の時はコロコロコミックと
コミックボンボン(でもコロコロコミック
が好きなようでした)そして小学生の頃は
ジャンプでした。

父が仕事帰りに買って来てくれて
「お父さん ありがとう〜😊」

それはそれは満面の笑みを浮かべる
もんだから「こんなに喜んでくれ
るから買ってくるんだ」

みたいな事を母に話ているのを
思い出しました。

それだけなんです(笑)

ごめんね(>人<;)

Re: 私の弟は…

みーさん、コメントありがとうございます。

> 私の弟も小さい頃からマンガが好きで
> 確か幼稚園の時はコロコロコミックと
> コミックボンボン(でもコロコロコミック
> が好きなようでした)そして小学生の頃は
> ジャンプでした。

コロコロ→ジャンプが王道連携なんでしょうね。
オラもコロコロはよく読んでましたよ。
ボンボンは創刊当時にチョロッと買っただけでした。
もうボンボンは廃刊したんですよね。

> 父が仕事帰りに買って来てくれて
「お父さん ありがとう〜😊」
それはそれは満面の笑みを浮かべる
もんだから
「こんなに喜んでくれるから買ってくるんだ」
みたいな事を母に話ているのを
思い出しました。

オラも以前は子供にコロコロ買ってましたが、如何せん漫画を読まないんですよねぇ~。
専らYOUTUBEですわ。

> それだけなんです(笑)
 ごめんね(>人<;)

それだけかいっ!


・・・なんてね^^
こちらこそ、みーさんにストライクなネタなかなか書けなくてすんません!

言ったなーー

( ̄^ ̄)プンプン


それでね(笑)

父はよく漫画(雑誌?)をコンビニで
買って来てくれてたようなんだけど
父の話ではジャンプはすぐに売り切れ
るけどマガジンは若干 残っていると…

また思い出しました(笑)


以上!!

本当におしまい。

( ^_^)/~~~

Re: 言ったなーー

みーさん、コメントありがとうございます。

> ( ̄^ ̄)プンプン

あら、怒った顔も可愛らしい(´∀`*)


> それでね(笑)
>
> 父はよく漫画(雑誌?)をコンビニで
> 買って来てくれてたようなんだけど
> 父の話ではジャンプはすぐに売り切れ
> るけどマガジンは若干 残っていると…

さすがジャンプ。

てか、サンデーは(汗)???

> 以上!!
本当におしまい。
( ^_^)/~~~

またよろしくぅ〜!

きめっ!!!

基本アニメより漫画原作派ですが、この時代はまだ小学1、2年生だったのでアニメの印象がめっちゃ強いっすねー特にダッシュ勝平!ちょうど海外に転校する直前のアニメのダッシュ勝平が黒木とすぶりとトライアスロンやってて、まさかの黒木がバッフォローマンよろしくハゲで天光寺みたいな技を使って洞窟を抜けるんですよ〜(うる覚え)。思えば、コータローに通じるパンティ派ですね、勝平も。あとついでにザブングルも最終回一歩手前で「みんな走れ」の次回予告だけみて、最終回見れなかった記憶が34年前です。

以来、サンデーは、六田登と細野不二彦の大ファンですね。好きな作家は、鳥山明>蛭田達也>細野不二彦=六田登>ゆでたまご=高橋陽一ですかねー。とにかく六田登と細野不二彦はたくさん描いてるし、ゆで陽一に比べハズレがない気がします。高校でFと再会し、アニメから入ったさすがの猿飛最終話(漫画版)でも「霧賀魔子の魔は魔性の魔」にびっくりして、リザベーション・プリーズとかママ、太郎読みまくりましたねー、そして今年は33年ぶりの猿飛猿飛復活が楽しみです!

Re: きめっ!!!

crazy tigerさん、コメントありがとうございます!

> 基本アニメより漫画原作派ですが、この時代はまだ小学1、2年生だったのでアニメの印象がめっちゃ強いっすねー特にダッシュ勝平!

そうそう、オラも漫画派なんですが昔の記憶を辿っていきOPなんか聴いちゃうと、その懐かしさに思わず泣きそうになって記事にしちゃいました^^;

>ちょうど海外に転校する直前のアニメのダッシュ勝平が黒木とすぶりとトライアスロンやってて、まさかの黒木がバッフォローマンよろしくハゲで天光寺みたいな技を使って洞窟を抜けるんですよ〜(うる覚え)。

あぁ、残念ながらその辺の記憶は残ってないんですよねぇ。
最後の方漫画と違うってのは憶えてるんですけどね。
でも確か増刊号でトライアスロンやってたような気もしますな…。

>思えば、コータローに通じるパンティ派ですね、勝平も。

ただ、勝平は只のパンティじゃダメなんです!純白でなければ!!

>あとついでにザブングルも最終回一歩手前で「みんな走れ」の次回予告だけみて、最終回見れなかった記憶が34年前です。

♪疾風のように~ ザブングルゥ~ ザブングルゥ~
・・・しか覚えておりません!

> 以来、サンデーは、六田登と細野不二彦の大ファンですね。好きな作家は、鳥山明>蛭田達也>細野不二彦=六田登>ゆでたまご=高橋陽一ですかねー。

なるほど!
六田先生も細野先生も確かにサンデーが誇る作家ですよ!
オラは作家より作品の方で観てたかなぁ~。
「コータロー」「B.B」「キャプテン翼」「キン肉マン」「ジャストミート」「スプリンター」「六三四の剣」って感じかな?

>とにかく六田登と細野不二彦はたくさん描いてるし、ゆで陽一に比べハズレがない気がします。高校でFと再会し、アニメから入ったさすがの猿飛最終話(漫画版)でも「霧賀魔子の魔は魔性の魔」にびっくりして、リザベーション・プリーズとかママ、太郎読みまくりましたねー、そして今年は33年ぶりの猿飛猿飛復活が楽しみです!

オラは六田先生の「ICHIGO」にハマりましたねぇ~。
細野先生はcrazy tigerさんが上げた作品はすべてコミックスで揃え、「愛しのバットマン」も持ってましたわ。
え?肉丸復活するんですか?
それは楽しみですねぇ~、伊藤さやかさんも復活するのかな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク