オラだけの観戦歴 1984〜1989年

明けて1984年。
11歳になる直前の2月3日。
この年も新春黄金シリーズから観戦がスタートです!

この年は以前も書きましたが、
藤原テロ事件の年です!

父親と観戦したのですが、あまりの事態にオラは大金返せコール!
父親に、
「恥ずかしいからやめろ!」
と窘められました。

自宅へ帰ると、
「もう猪木の時代じゃないんだなぁ。
皆長州を観に来てた。」
と呟いた父親が印象に残ってます。

そしてこの年の春休み、母親と初めての東京旅行に出掛けます。
ディズニーランドが一周年なので連れて行ってくれたのです。

…しかし、ディズニーに思い入れのないオラは、
「どうせ東京に来たのなら、プロレスが観たい!」
と、旅行先にもかかわらずワガママを言ったのです。

するとそれを聞いた横浜に住む伯父が、後楽園ホールに連れて行ってくれました!

1984年3月30日 新日本プロレス東京後楽園ホール大会 ビックファイトシリーズ第2弾開幕戦

ザンビア・エキスプレス対長州&浜口!
これも写真に残してましたので覚えてましたが、これ以外全く記憶にない!
伯父さんすまん…!

全試合終了後、ロビーに長州が現れ、
「どうなってんだ!?この会社はっ!!」
と怒声が響き渡ります!
「長州恐いなぁ〜」とかなりビビった記憶があります。

それから約2ヶ月後、6月5日全日本プロレス グランドチャピオンカーニバルⅡ 札幌大会。
またまた馬場さんとシンのシングルマッチにカブキ対上田がラインナップされております。

これ以外は…って言うか、
カブキ対上田しか覚えておりません!

上田が”天”のメイクを施し、黄色の毒霧を吹くと言うサプライズ!しかし毒霧失敗で自分にダメージがっ!
会場大爆笑!!




この試合は、
当時週刊少年サンデーで連載されていた原田久仁信先生の
「プロレス大勝負(ビッグマッチ)」にも描かれてますね。

しかし、調べてみると鶴龍対ビル・ロビンソン&ボビー・ヒーナン(!)とか凄いカードだな…。
オラ、ヒーナン観てたんだ・・・。
84年はこの3大会だけに留まったようです。

新日本7月のサマーファイトシリーズ、長州対藤波の記憶もありませんし、
84年最強タッグは連れて行ってもらえなかった記憶があります(確かファンクス対超獣コンビだったような…)。


明けて85年。
前々回、「85年は2月に札幌来てない」と書いたのですが、85年も来ていました!

1985年2月1日 85激突‼︎オールスター・ウォーズ札幌大会がそれです。


地味かもしれませんが、これも事件と言っていいかもしれませんね。
谷津に戸惑う鶴田、落ち着かせようとする長州。
谷津は流血でブッチャー&ハンセン戦を思い出したのかもしれません。
「もうあんな目に遭うのは御免だ!」
とばかりに興奮してます。
長州に対しては、あの時の猪木にはさせない!との思いがあったんじゃないでしょうか?

しかしこの大会、何故か行ってないんですよね。
この時期は誕生日プレゼントとして欠かさず観に行ってたはずなのに…。
他に欲しいものがあったのだろうか…?

ちなみにメインが鶴龍対長州&谷津で、三沢タイガー対小林邦昭もあったようです。
て、事は3年連続で同一カードメインだったのか札幌…。
本当、なんで行かなかったのだろう…?


85年初観戦は新日本。
7月19日 バーニングスピリット・イン・サマー

猪木&坂口対ブルーザー・ブロディ&キングコング・バンディ、藤波辰巳対スーパー・ストロング・マシンのWWFインター戦ですね。

大会終了後、選手を出待ちしていたら突然大声と共にバンディとブロディが現れ超ビビった記憶があります。

よくよく記憶を辿っても、85年はこの大会しか行ってませんね。
10月の猪木ーブロディも、最強タッグも行ってない。
12歳…中1か。
試験やらなんやらで、親が簡単に観戦に連れて行ってくれなくなった時期だったのでしょうね。

それでも86年、87年は
誕生日プレゼントとして2月5日興行はお金を出してくれてのでしょうな(この時期は友人と観戦している)。
因みに86年は
5月30日全日本プロレス スーパーパワーシリーズを観戦してます。
メインはロード・ウォリアーズ対長州力&アニマル浜口。
浜さん久々にハッスルしてたなぁ〜って印象。

どうしてもウォリアーズを生観しときたかったんですよね。


1988年に入ると行った記憶が曖昧なんです…。
2月に猪木対ベイダー、藤波&木村対長州&マシンのIWGPタッグ選手権、
6月に天龍源一郎&阿修羅原対ジャンボ鶴田&谷津嘉章のPWFタッグ選手権、
11月の最強タッグがあったのですが行ったような行かなかったような…??
でも、多分行ってないんでしょうな。

7月22日新日本プロレス サマーファイトシリーズ IWGP挑戦者決定リーグ戦は確実に観戦しております。
セミが猪木対長州の公式戦で、メインが藤波&木村対マニー・ヘルナンデス&バズ・ソイヤー。


余りに呆気なく猪木がカウント3つ取られてしまった記憶があります。
勿論、猪木久々のジャーマンや長州の延髄ラリアートなど見所はあったもののやはり物足りなさを感じてしまいました。
この大会のテレビでは、メインとセミが逆転してました。


1989年は7月11日 全日本プロレス サマーアクションシリーズ
を観戦しております。

天龍&ハンセンの龍艦砲対鶴田&谷津の五輪コンビによる世界タッグ選手権。

89年はこれだけかなぁ〜?

この先は疲れてしまいましたのでもうやめます(^^;
(記憶も超曖昧だし、また気が向いたら…)

こうして見ると全日本率が高いのかなぁ〜?
新日本6回の全日本9回。
7年で15回、1年に2回ペースですね。

この後就職するようになると、札幌に来た団体手当たり次第に観に行く訳です(…Uの名のつくものは行ってませんが…)。

割と中学、高校時代の記憶がないんだなぁ〜、と。


さて、今後生観戦はそんなに増えては行かないと思いますが、行ける時は行くようにしようかなぁ。
今の全日本とかも行ってみたい気もするな。






スポンサーサイト

テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

コメント

お疲れ様です!

先日はありがとうございました
いやあ楽しかったですね〜
あのあとコレ書いたんですね、
凄い力作ですわ〜

ウォリアーズ札幌初見参の映像いいですね〜花道でウォリアーズに群がる高校生の僕がたしか映ってるはずなんですよ(^_^;)当時普及したてのビデオで録画したのを何回も何回も見ました。いや懐かしいです〜この日の試合前、会場横に外人バスが停車して中からホークが降りてくるなり近づいてきた男性ファンの顔面を手にしていたアタッシュケースでカウンター気味に何の躊躇もなく殴りつけたんですよね。
その男性吹っ飛んじゃいまして、周りを群がっていた野次馬が一瞬にして海が割れたような状態になりまして、現場でその事故現場を見てしまった僕らは「ウォリアーズ凄えーっ!」とどよめきました。
これが僕らが愛したプロレスでしたよね、
懐かしいなあ。

Re: お疲れ様です!

ヨンペイさん、コメント有難うございます!

> 先日はありがとうございました
> いやあ楽しかったですね〜
> あのあとコレ書いたんですね、
> 凄い力作ですわ〜

本当、あっという間の時間でしたわ^^
楽しかったぁ~。
たまたま6日も休みだったので、一気に書いちゃいました。
忘れてる事多かったですねぇ~。

> ウォリアーズ札幌初見参の映像いいですね〜花道でウォリアーズに群がる高校生の僕がたしか映ってるはずなんですよ(^_^;)当時普及したてのビデオで録画したのを何回も何回も見ました。いや懐かしいです〜

あ、ヨンペイさんもいらっしゃってたんですね!
オラも群がりましたよ!至近距離にいたんですね!
オラは残念ながらアニマルに届かず、目の前の高校生風の男がアニマルにおもっくそ殴られてました^^

>この日の試合前、会場横に外人バスが停車して中からホークが降りてくるなり近づいてきた男性ファンの顔面を手にしていたアタッシュケースでカウンター気味に何の躊躇もなく殴りつけたんですよね。
その男性吹っ飛んじゃいまして、周りを群がっていた野次馬が一瞬にして海が割れたような状態になりまして、現場でその事故現場を見てしまった僕らは「ウォリアーズ凄えーっ!」とどよめきました。
これが僕らが愛したプロレスでしたよね、
 
本当ですね。
れすらーは恐かったですもん。
決してフレンドリーでもなく、サイン会もなく近寄りがたかったですもんね。

> 懐かしいなあ。

本当に・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク