FC2ブログ

新年一発目

明けましておめでとうございます!(遅っ!)

迷いました・・・。

SMAP、紅白の流れから80年代ジャニーズの事を書こうか、
去年後半から書き始めた80年代漫画の続きを書こうか(コータローと北斗の拳の比較、小林まこと「青春少年マガジン」など)、
お笑いブログらしく爆笑ヒットパレードについて書こうか・・・。

本当に迷いました!


そして決めました!

やはり大切な新年の一発目ですし、お正月でしたので、それらしい記事をという事で・・・







今回はリッキー台風について書いていきます!!



IMG_00500.png

平松伸二先生の描いたプロレス漫画の傑作!!
1980年1号から1981年31号まで週刊少年ジャンプで連載されていた作品。

そう、今から37年前の週刊少年ジャンプ新春号で連載がスタートしたのです!
新春にピッタリでしょう?

ただ、最終回は月刊少年ジャンプで読んだような気がしたのですが・・・(オラの記憶違いか?)。

オラがまだ”ジャンプ・アレルギー”を起こす前のジャンプ作品!

その登場シーンなのですが、

以前の記事
学園青春ドタバタギャグ
に紹介すればよかった!と、思うところがありました!

IMG_04960.png
何故か和装のスチュワーデス(新春だったからかな?)にちょっかいをかける、乗り合わせた悪党マネージャー・ブラッキー。

IMG_04970.png
そこへファンを装いサインをせがむ主人公・リッキー。

IMG_04980.png
ウイスキーですと偽り、ション○ンを飲ますリッキー(今なら大問題)。気づかないブラッキーもブラッキー。

IMG_04990.png
見事逆水平で悪党退治。最後は必ずオチャラけるところが This is 80年代!

しかしこの時代のアクション漫画の主人公はリッキーにしろ、功太郎にしろ、総司にしろキャラクターが似てますよねぇ~。
実はこういうキャラクターが多くなった一因にジャッキーチェンの影響があるんじゃないかと思ってるのですが、実際はどうなんでしょうね?
それ以前の70年代アクション漫画の主人公が、硬派でシリアスだっただけにその反動とも思われますが・・・。

このリッキー台風も
実は連載当初学園モノだったのです。
IMG_0511.png
IMG_0512.png

リッキーは馬場預かりの全日本所属レスラー(まだデビューはしてない)となったのですが、練習シーンは皆無!
物語前半はこの戦国高校で柔道部、剣道部、相撲部、空手部の各主将、所謂四天王との闘いと、その長”将軍”と呼ばれる学園の番長との闘いを中心に描かれます。

それぞれをプロレス技で倒していくのですが、作者のプロレスに対する考えが、リッキーの闘いぶりから窺い知る事ができて興味深いです。


後半はようやくリッキーもプロデビュー!
デビューがなんとバトルロイヤル!!
しかもそれは新設された
NWAジュニアワールド王座チャンピオンを決める予選大会!
このジュニアって言うのは所謂ジュニアヘビーの事ではなく、20歳以下を対象にした選手の事です。
U-20って事ですね。
今ではサッカーなどで普通に使用されているこの考えを、37年前にプロレスで設定した平松先生!
偉大です。

この予選大会を新技”ローリング・バックドロップ”で勝ち抜けたリッキー。
IMG_0515.pngIMG_0514.png

IMG_0513.png
名付け親は馬場さん!!

こうして決勝トーナメントに進出するリッキー。
しかしコレ以降リッキーがオチャラける事は激減する事になります。

そしてもう一人の主人公が登場する事となります。

そう、
テリー・ブロンコです!!

IMG_0502.pngIMG_0503.png
IMG_0504.png

「○○!KO予告だー!!フィニッシュはブレーン・バスター!!それでおわりだぜ てめえー!!」

これ、小学生の頃よく物まねしてました!○○のところを友人の名前にして。

キン肉マンでもアメリカ遠征→超人タッグリーグ戦編はテリーマンが主役でしたよね。
いかにこの当時のテリーファンクが人気だったかがわかります。

このNWAジュニアトーナメントは本当にプロレス漫画史上に残る傑作だと個人的に思ってます!
キン肉マンの超人オリンピックと似た展開ですが、内容や展開が面白かった!!
主人公が怪我を負って戦う姿は、後のキャプテン翼にも活用されてると思います。
主人公のライバル設定も似てる!
ブラック・タイガー=日向小次郎(力)
ナルシス・シュトラウス=三杉淳(技)
テリー・ブロンコ=松山光(熱血)!

平松先生は「友情 努力 勝利は描いてない」と言ってますが、リッキーですでに描いていたんですよねぇ~。

ちなみに平松先生とゆでたまご先生の対談が読みたくて、
「BIG FIGHT」をネットで買ったつもりが、届いたのは「GO FIGHT」・・・。
結局読めてません・・・。(タイトルがややこやしいんだよ(涙)!)


トーナメント準決勝でリッキーは、第一巻から終生のライバルとして描かれてきたナルシスと一騎打ちします!
この時第六巻!十分に寝かせての対決でしたが、舞台は準決勝。

トーナメントに参加したブラック・タイガーのあまりの悪役ぶりに、決勝戦の相手がナルシスからタイガーに替わったのでしょうね。

このナルシス、リッキー戦以降は出てきませんでしたが、その必殺技は現実のプロレス界やキン肉マンにも影響を与えていると思われます。
IMG_0506.png
IMG_0507.png
IMG_0508.png

ご存知、”サンダー・デス・ドライバー”!!

故・三沢光晴のタイガー・ドライバーも、悪魔将軍の”地獄の断頭台”も、
元ネタはこれだと確信しております。
ちなみに永田裕志のサンダーデスドライバーは未見なのですが、この先もあまり見たくないと思っております。


リッキーはテリー戦で最終回を迎えるのですが、決着は描かれておりません。

このテリー戦の続きや、キン肉マンのようにタッグリーグが行われていたらどうなっていたか?
当初の目的の残る一つのタイトル、WWEタイトルを巡る闘いはどうなっていたか?
など37年経った今、ちょいと妄想してみます。


~テリー戦が両者死力を尽くしての時間切れ引き分けに終わると、リッキーはいよいよ三大王座統一を目指して単身ニューヨークへ向かう。
ニューヨーク入りしたリッキーに、WWFの新鋭たちがリッキーの持つNWA、AWAの両王座に挑戦するも、リッキーは連戦連勝!着実にWWFジュニア王者との統一戦に近づきます。
その時!リッキーの前に懐かしい人物が現れます、そうナルシスです!
実はナルシスはリッキー戦に敗れて以降、新日本に直訴し、単身WWFで修行を積んでいたのです!

しかし!!

「リッキー、久しぶりだな。」
「ナルシス・・・。お前・・・。一体どうして!?」

そう、リッキーがWWF入りしてからもナルシスに気づかなかったのは、
ナルシスは顔にペイントを施し、身体は二回り以上の大きさになっていたからです!!

「ここで闘っていく以上仕方がないのさ・・・。何しろ化け物みたいな身体のヤツばかりだからな・・・フフフ。」
「しかしその大きさは異常だ!クラークロビンソンよりも凄い身体じゃねえか!」
「甘いぜ、リッキー!俺はここでトップを取るんだ!お前の統一戦の相手はこのナルシス・シュトラウスだぜ!」
「ナルシス・・・」

ナルシスがステロイドを使っているのは誰の目にも明らかでした・・・。

WWFのジュニア王者は、王座を決定戦もせず本部に認定された謎の男でした。

その名をV.K!
そう、その正体はビンス・シニアの実息
ビンセント・ケネディ・マクマホンです!

V.Kに挑戦したナルシスでしたが、ステロイドによるスタミナ切れ、心臓への負担がピークを迎えていました。
そこへ組織ぐるみでV.Kを守ろうと陰謀が仕組まれ、ナルシスのタイトル奪取はならず、
しかも二度とリングに上がれない身体にされてしまいました・・・。

リッキーはナルシスに復讐を誓い、王座統一戦に挑むのでしたっ・・・!!

あぁ~、妄想した!!

本当、キン肉マンがあれだけヒットしたなら、リッキーだってもうちょい続いてもよさそうなものだったのに・・・。
一体何がそんなに違ったんだろうなぁ~。
大晦日にV6を観て、SMAPより歌も踊りも上手いじゃん。何でこんなに人気に差が出るの?
と、同じような感想を抱いてしまいましたわ。

凄く残念!

リッキー台風芸人とか、新世界三大プロレス漫画調査会とかやらないかなぁ~(リッキー、三四郎、列伝。敢えてタイガーやキン肉マンは除く)。












スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : 本・雑誌

コメント

フニ~♡

ローリングバックドロップは実際にはジャーマンだよなぁ…と思いながら見続けてたら、後年デルフィンが似た技を出してびっくりしたものです。

ドーベルマン刑事とブラックエンジェルズの狭間で秘かに光る名作だったと思っています。
私もひねくれ者ゆえに、キン肉マンが大流行してアニメ化した頃にはほとんど興味を示さなかったんですよ。逆にこのリッキー台風はみんなに推しまくったものです(笑)。
思えば私が長年プロレスファンでいられたのも、このひねくれた性格の賜物なのかな? と、この記事を読んで痛感しました。
もし周りの友人と一緒に野球やサッカーに熱を上げてたなら、絶対にこんなに長い付き合いはしていなかったはずですから。

で、リッキーですが、名シーンは今でもすぐに浮かびます。

フィギュアフォー・フィンガーロック

戦国高校四天王との他流試合で剣道部の女に決めたアトミックドロップ「プロレス流のお尻ペンペン」

ブラックタイガーがサンディに決めたバスト・ハンギングツリー

サンダーデスドライバーの攻略はリング上の証明に両足をフック

スーパーマンのジャイアントスイング攻略で両手にバンデージぐるぐる巻き

新日か全日かの決め手は猪木の顎の長さより馬場さんの顔の長さ(笑)

…あぁまた読みたくなってきましたよ~。HBKさん、ありがとう!!
今年も宜しくお願いします。

遅ればせながら、今年も宜しくお願い致します!
リッキー台風とは、これまた渋い!私の一番のインパクトは、馬場さんが十六文キックを繰り出す時の「シュボボボ~」という擬音ですかね(笑)。

私はドーベルマン刑事も好きだったので、最近コンビニでよく見かける昔の名作の復刻版の中でドーベルマンを見つけた時は思わず衝動買いしてしまいました。リッキー台風のセリフ回しや絵柄から、ついつい「このド外道が~!」ドゴーーン!みたいな連想をしちゃいますね(笑)。

ホント、ファンからしてみたらもっともっとブレイクしても良かった作品でしたよね。キン肉マンはキン肉マンで面白いし、好きなのですが。私は、梶原一騎原作の「悪役ブルース」も好きでした。原作者本人の不祥事で、尻すぼみで終わりましたが(汗)。

BKっちさんの三四郎の考察、見たいですね~。気が向いたら宜しくお願いします!

朝の訂正

呑みながらコメしたら、あちこち間違えていました(汗)。

フィギュアフォー・フィンガーロックはブラックタイガーじゃなくて最初のジャイアント・グスタブもどきにでしたね。
あとサンダーデスドライバー返しは証明じゃなく照明です。

スーパーマン(名前失念)のデモンストレーションはレフトフック・デイトンばりでしたね。
この作品、やはり素晴らしいです。

Re: フニ~♡

フニ~!

> ローリングバックドロップは実際にはジャーマンだよなぁ…と思いながら見続けてたら、後年デルフィンが似た技を出してびっくりしたものです。

あ!それはおらもそう思ってました!
デルフィンのはデルフィンスペシャル1号かな?
オラはあれ観た時、西上馬之助(1・2の三四郎)のデビュー戦を思い出しましたよ!

> ドーベルマン刑事とブラックエンジェルズの狭間で秘かに光る名作だったと思っています。
> 私もひねくれ者ゆえに、キン肉マンが大流行してアニメ化した頃にはほとんど興味を示さなかったんですよ。逆にこのリッキー台風はみんなに推しまくったものです(笑)。

オラはキン肉マンも好きでした。が、キン肉マンを知ったのはリッキーの後でしたねぇ~。
アニメのキン肉マンは嫌いでしたよ^^;

> 思えば私が長年プロレスファンでいられたのも、このひねくれた性格の賜物なのかな? と、この記事を読んで痛感しました。
> もし周りの友人と一緒に野球やサッカーに熱を上げてたなら、絶対にこんなに長い付き合いはしていなかったはずですから。

その辺はオラと似てるんですよね。
野球やサッカーに興味を示さないひねくれた性格(キャプテン翼にははまったけど・・・)ってところは。
ちなみにオラは、ジャンプよりサンデー、ANNよりスーパーギャング、ファミコンよりセガってくらいひねくれてましたね。

> で、リッキーですが、名シーンは今でもすぐに浮かびます。
> フィギュアフォー・フィンガーロック
戦国高校四天王との他流試合で剣道部の女に決めたアトミックドロップ「プロレス流のお尻ペンペン」
ブラックタイガーがサンディに決めたバスト・ハンギングツリー
サンダーデスドライバーの攻略はリング上の証明に両足をフック
スーパーマンのジャイアントスイング攻略で両手にバンデージぐるぐる巻き
新日か全日かの決め手は猪木の顎の長さより馬場さんの顔の長さ(笑)

さすが!
よく読まれてますね!

> …あぁまた読みたくなってきましたよ~。HBKさん、ありがとう!!
> 今年も宜しくお願いします。

オラ、久々に全巻一気読みしましたが、ヤッパリ面白かったですよ!
こちらこそよろしくお願いします!

Re: タイトルなし

亀熊さん、今年もコメント有難うございます!

> 遅ればせながら、今年も宜しくお願い致します!
> リッキー台風とは、これまた渋い!私の一番のインパクトは、馬場さんが十六文キックを繰り出す時の「シュボボボ~」という擬音ですかね(笑)。

そうそう!ブラック・タイガーに決めたやつですね!
シュボボボ~って^^;

> 私はドーベルマン刑事も好きだったので、最近コンビニでよく見かける昔の名作の復刻版の中でドーベルマンを見つけた時は思わず衝動買いしてしまいました。リッキー台風のセリフ回しや絵柄から、ついつい「このド外道が~!」ドゴーーン!みたいな連想をしちゃいますね(笑)。

そうだったんですね。
ドーベルマン刑事って、幼い時にやってたドラマってイメージが強くて(観た事ないけど・・・)、後に平松先生が作画担当の漫画の実写化だったという事を知り驚いたんですよねぇ~。
ちなみに映画版は借りて観ましたよ!
サニー千葉主演のは!!

> ホント、ファンからしてみたらもっともっとブレイクしても良かった作品でしたよね。キン肉マンはキン肉マンで面白いし、好きなのですが。私は、梶原一騎原作の「悪役ブルース」も好きでした。原作者本人の不祥事で、尻すぼみで終わりましたが(汗)。

実は「悪役ブルース」も全巻一気読みしたばかりなんですよ!
最後どうやって終わったのか、ようやく知る事が出来ました!
リッキー&ナルシスとカラテキッド・ジュン&プラチナ・アポロは個人的に夢のカードです!
ほかに「闘翔ボーイ」も全巻一気読みしまして、オラの中で最近プロレス漫画ブームが来ております。

> BKっちさんの三四郎の考察、見たいですね~。気が向いたら宜しくお願いします!
三四郎、20歳くらいの時突然集め始めたんですよ、ワイド版で。
超おもろかった!
本当、小林まことは天才だと思いますよ!
近じか、小林まこと先生についての考察もしてみたいですね!

Re: 朝の訂正

> 呑みながらコメしたら、あちこち間違えていました(汗)。

いや、そんなに間違えてませんよ!

> フィギュアフォー・フィンガーロックはブラックタイガーじゃなくて最初のジャイアント・グスタブもどきにでしたね。

その通りですが、ブラックとは書いてないのでノー問題です。

> あとサンダーデスドライバー返しは証明じゃなく照明です。

これはそうですが、よくあることですよね^^

> スーパーマン(名前失念)のデモンストレーションはレフトフック・デイトンばりでしたね。

クラーク・ロビンソンですね。
防弾ガラスに人間ロケットで突っ込み、突き破るという・・・。

> この作品、やはり素晴らしいです。

素晴らしいんですよ!
ただ後半は「フニ~」とも言わなくなるし、リッキーの存在感が非常に薄くなってしまうんですよね。
暗くなってしまったと言うか・・・。
最後に「フニ~」と言ったのは、確かエルコンドル戦だったはず・・・。

でも名作には変わりありませんね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク