FC2ブログ

FROM THE VAULT

500円で見つけたので買いました!

コレ!↓
IMG_0058.jpg

収録内容は今から30年前の1986年9月2日に行われた、AWA世界タッグ選手権から始まりました!

(王者組)’’プレイボーイ’’バディ・ローズ&’’プリティボーイ’’ダグ・サマーズ with シェリー・マーテル対(挑戦者組)ザ・ミッドナイト・ロッカーズ!!

当時ザ☆プロで読んだなぁ~と思いながら観た。
当時はこの王者組とかミッドナイト・エキスプレスとかが超格下に思えたもんだけど(観た事なかったくせに)、こうやって今観てみるといいチームなんだよなぁ~。


これはアレックス・スミルノフ、ミスター・パーフェクトにもAWA世界王者にもなる前のカート・へニングを加えた6人タッグ戦。
AWA末期ですが、まだまだ元気だった頃ですな。
ショーンもまだ20歳!若い!

バーンガニアが認めた天才!と、当時のザ☆プロに書かれてた頃です。 そして10年後の1996年3月31日。
今から20年前レッスルマニア12!
WWF世界ヘビー級タイトルマッチ
60分間で多くのフォール、ギブアップを取った方が勝者と言う
アイアンマンマッチ!!
ブレット”ヒットマン”ハート対”ハート・ブレイク・キッド”ショーン・マイケルズ

この時ショーン30歳!脂が乗り切ってる全盛期!!

…ですがこのレッスルマニア12、実は日本ではなかなか観る事が出来なかったんです。
今でこそWWEは日本でも放送され、PPV毎にDVDやBDが発売されてるけど、当時は日本で知名度があったホーガンが不在となり、日本でWWEがVHS化される事が減ったんだ。

それでもホーガンがいなくなった93年のキング・オブ・ザ・リングから95年のレッスルマニア11まではなんとか日本でもビデオ発売されていた(ただ、ロイヤルランボー95など日本でVHS化されていない大会も多数有り)。

…けど、それ以降しばらくの間日本でWWEのVHSが発売される事はなくなってしまったんだ。

ようやく日本でも再びWWEが観れるようになったのが97年!
その前年から日本で初めてのデジタルCS放送・パーフェクTV(現在のスカパー!)がスタートした事がキッカケだった!
その中のスタープラスというチャンネルがWWEを放送してたのだ!
なので、レッスルマニア14以降(もっと言えばサマースラム`97以降)は観る事が出来るようになった。

その後アティテュード路線が人気となり、ストーンコールド、ザ・ロックが台頭してきて日本でもまさかの(オラにとって)WWE人気が爆発!
今につながるJスポーツでの放送も開始された!

…だけど、ショーンの全盛期と思われる95~96年の映像は、残念ながら日本でリアルタイムで観る事は出来なかった。
本当に悔しかったよ!

で、今回改めてアイアンマンマッチ観てみたけど、いやぁ~素晴らしい!!

本当、ショーンほど日本向けなスーパースターはいなかったのに、その全盛期が殆ど日本で知られていないなんて本当に不運としかいいようがないっ!



試合の方は、
約30分はほぼヒットマンの首攻めとショーンの腕攻めの攻防のみ!!

ヒットマンがヘッドロック、フロントネックロック、スリーパー、ショーンはアームバー、脇固め(!)、腕ひしぎ逆十字(!!)のオールドファッションな攻防。
それでも観てるものを全然飽きさせない!!

ハードな打撃の展開になっても両者のスタミナが全然切れてない!!
そしてヒットマンはカーフブランディング、雪崩式バックドロップ、ジャーマンSH、ショーンはムーンサルトアタック、ドクターボム、コーナーからのダイビングウラカンラナなどなど、それまでのWWFでは決してお目にかかれなかった技の数々を絶妙のタイミングで放っていってるんだよ!

・・・はぁ、やっぱりこの試合凄いわ。
大好きだ、ヒットマンもショーンも。



長年WWFの試合観てきたけど(当時)、大味だったホーガン時代のWWFの試合とは一線を画していたよ。
まるで日本のプロレス観てるようだった。
うん、この二人以降WWEの試合内容が変わっていったんだよな。
本当ニュージェネレーション時代のWWFが日本でそれほど知られていないのが歯がゆかったよ。
けど、こうやって今ショーンの試合を日本で観られるのは本当に幸せだなぁ〜。


オラはこの年、1996年に
ショーンだけを観る為にボディスラムサーキットに参加したんだよな。
もう20年も前か・・・。

サマースラムのベイダー戦は収録されていなかったけど、ベイダー戦は一生の思い出だよ。

ボディスラムサーキットに参加してた人が1人だけベイダーを応援してたんだよね。
なんかこの映像観るとリングサイドでショーンに親指下げてるファンがいるんだけど、その人かな(^_^;)?
オラもこの会場でリングサイドの一番前で観たんだよ、300ドル出して。
ロッカーズのTシャツ着て観てたら、突然スタッフさんが来て、
「コレ、着てくれ。(英語で)」
ってサヴィオ・ベガ(TNT)のTシャツ渡されたんだよ(多分)。
途中まで従ったけど、メインになったらそれ脱いで、ロッカーズTで応援したっけなぁ〜。


で、その年のマンカインド戦。
コレ収録されてたんだけど、久々に観て凄いハードコアマッチでビックリした!
更に驚いたのが、なんとショーンがドラゴンスクリューからのフィギュア4を決めてるんだよね。更に低空ドロップキックまで!

あの時代のショーンが武藤ー高田戦を観てるとは思えないんだけど・・・どうなんだろ?


いやぁ~でもやっぱりオラはショーンが大好きなんだな!
他のDVDも集めたい!

でも、一度でいいから新日でも全日でも来日して欲しかったなぁ。

ショーン対武藤、蝶野やショーン対三沢、川田とか本当観たかったわ。

SWSのロッカーズの映像どっかに残ってないのかなぁ〜。





スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

コメント

師匠!

現地で観戦されたんですかー⁈

添付してある動画がうまく再生できない
ので時間をおいて観てみますね。

Hさんショーン・マイケルズ選手にハート
を奪われたんですね(^ー^)

あのパフォーマンスでもちろん(もちろんパフォー
マンスだけでなく)会場を盛り上げくれたショーン選手
への愛、リスペクトがひしひし伝わってきます!
Hさんにとってヒーローですね。

Re: 師匠!

みーさん、コメ有難うございます!

> 現地で観戦されたんですかー⁈

> そうなんですよ!
今から20年前、23歳の時でしたねぇ~。


> 添付してある動画がうまく再生できないので時間をおいて観てみますね。

>あら?そうでしたか。
ヒットマンVSショーンは是非観てほしいです!
外道も棚橋もショーンのファンですからね!


> Hさんショーン・マイケルズ選手にハートを奪われたんですね(^ー^)

> はい!その通りです!
元々ミッドナイトロッカーズの時から気なる選手だったのですが、本格的にはまったのが「サバイバーシリーズ’92」の
メイン・WWE世界ヘビー級選手権王者ヒットマンVSショーンからなんですよ!
当時ヒットマン対ショーンのラダーマッチも買いましたし、やっぱりこの二人の試合が大好きなんだよなぁ~。

まさか最後の試合があんな形で終わるとは・・・(涙)。

・・・だからSWS札幌大会に来てたときは行ってないんですよ・・・一番の後悔。
SWSにはロッカーズとして6回も来日してるんで、仕事が出来るレスラーとして認められてたんでしょうね。

> あのパフォーマンスでもちろん(もちろんパフォーマンスだけでなく)会場を盛り上げくれたショーン選手
への愛、リスペクトがひしひし伝わってきます!
Hさんにとってヒーローですね。

>本当にヒーローですね!
引退時のWMも行けばよかったと本当に後悔・・・。
ショーンはオラがずっと追い求めていた理想の選手だったんですよ。

甘いマスクでやさしそうで弱そうなのに、実はズル賢くて悪くて強い・・・よく漫画に出てくるキャラクターそのまんまがショーンだったんですよ。
日本で新日本対Uインターや四天王プロレスが盛り上がってる時、一人WWEを追っかけてましたね!

ショーンがいなくなってから日本でWWE人気が爆発したのが複雑な気分でしたよ。

凄いですね

BKっちさん、ボディスラムサーキットに行かれてたんですか!?確か、フミ斉藤がホスト役を務めながら、ビッグマッチ観戦とオプションで、現地のレスラー達と触れ合える数々のイベントがあるという、ファン垂涎のイベントだったような・・・。羨ましい限りですよ。現実問題として、費用やら有給休暇が取れるか等の問題がありましたからね。

しかし、こうしてみるとショーンって本当にプロレスの申し子のようなレスラーですね。かつての相方であるジャネッティとは決定的にポテンシャルが違ってたんでしょうね。

80年代に、ロックンロールエキスプレスから端を発してタッグ屋が沢山出てきて。ミッドナイトロッカーズもそのうちの一組かと思ってましたが、ショーンは、その枠を越えてスーパースターになりましたもんね。

確かにおっしゃる通り、その全盛期に日本の団体で活躍出来ていたら、日本マットの歴史もまた変わっていたかもしれませんね。SWSや、レフェリーとしてFMWのみにしか来日出来ていなかったのは本当に勿体無いと思います。

たらればですけど、三沢や武藤とだったら名勝負が出来たような感じがしますね。無いものねだりになってしまいますが・・・。

師匠!

お返事ありがとうございます。

うまく再生できなかった
ショーン選手VSベイダー選手の試合
観ました!

試合が二転三転しどうなってるの⁉︎
と思いながも最後はショーン選手が
決めましたね(^-^)

会場に居るHさんを探すどころでは
ありませんでしたが( ̄∇ ̄)

最高に嬉しかっただろうなぁ〜〜
最前列での観戦なんてそうそう
出来ませんよ〜日本から応援に行
った甲斐がありましたね(^-^)v

Re: 凄いですね

亀熊さん、コメント有難うございます!

> BKっちさん、ボディスラムサーキットに行かれてたんですか!?確か、フミ斉藤がホスト役を務めながら、ビッグマッチ観戦とオプションで、現地のレスラー達と触れ合える数々のイベントがあるという、ファン垂涎のイベントだったような・・・。羨ましい限りですよ。現実問題として、費用やら有給休暇が取れるか等の問題がありましたからね。

>そうです、その通りです。
あ、この20年前のボディスラムサーキットの体験記、次回の記事にしますね。

> しかし、こうしてみるとショーンって本当にプロレスの申し子のようなレスラーですね。かつての相方であるジャネッティとは決定的にポテンシャルが違ってたんでしょうね。
>地味にロッカーズ時代は、どちらかと言うと年上のマーティの方がチームリーダーだったんですよね。
マーティは身体能力も抜群でいいレスラーでしたが、受けに回るとすぐにフォールされちゃうと言う欠点がありました。
マーティの日本初来日は全日本でしたが、当時の三沢タイガーとのシングルで3分弱でK.O.されてたはずです。
そこがミッドナイト・ロッカーズの事、好きではあったんですが、なかなかハマれなかった点ですね。

> 80年代に、ロックンロールエキスプレスから端を発してタッグ屋が沢山出てきて。ミッドナイトロッカーズもそのうちの一組かと思ってましたが、ショーンは、その枠を越えてスーパースターになりましたもんね。
> そうですね。
ファビュラス・ワンズ、ファンタスティックス、ミッドナイト・エキスプレス・・・AND MORE
ショーンは本当にプロレスオタクだったと思うんですよ。
フレアーに憧れたり、部屋の壁中にR&Rエキスプレスのポスターを貼ったり、トミー・リッチ対バズ・ソイヤーの金網戦からヒントを得て「ヘル・イン・ザ・セル」戦を考案したり、コスチュームをオースチン・アイドルからアダプトしたり、ミッドナイト・ロッカーズ時代はJBエンジェルスを参考にしたり、枚挙に暇がないんですよね。
そういう部分で他とは違ったのでしょう。


> 確かにおっしゃる通り、その全盛期に日本の団体で活躍出来ていたら、日本マットの歴史もまた変わっていたかもしれませんね。SWSや、レフェリーとしてFMWのみにしか来日出来ていなかったのは本当に勿体無いと思います。
>王者時代はライバル団体のWCWが新日本と業務提携してた時代なので、もし、対抗して全日本と提携していたら・・・なんて思っちゃいますね。
間違いなくリッキー・スティムボード、レックス・ルガー、スティングよりは好試合を残していたと思います。


> たらればですけど、三沢や武藤とだったら名勝負が出来たような感じがしますね。無いものねだりになってしまいますが・・・。
>オラは修行時代のライバル・川田との試合が観たかったですね。

Re: 師匠!

> お返事ありがとうございます。
> いえ、みーさんこそコメント有難うございます!


> うまく再生できなかったショーン選手VSベイダー選手の試合観ました!
試合が二転三転しどうなってるの⁉︎と思いながも最後はショーン選手が決めましたね(^-^)

>そうですか、観ましたか!
ベイダーは残念ながらWWEではその本領を発揮する事無くフェイドアウトしてしまいました。
ベイダーが腰に巻けなかったタイトルはWWEとGHCだけでしたね。

ショーンが勝った時の本当に会場の空気がもの凄かった事を憶えてます。

> 会場に居るHさんを探すどころではありませんでしたが( ̄∇ ̄)
最高に嬉しかっただろうなぁ〜〜
最前列での観戦なんてそうそう出来ませんよ〜日本から応援に行った甲斐がありましたね(^-^)v

>オラも長年試合観戦してますが、一番前の席はこの時限りです。
日本ではコネがない限りなかなか難しいですから・・・。
最初はまさかのリングアウト負け・・・からの延長、延長、スイートチンも決まらず・・・
もう凄く興奮しましたよ!

次回詳しく記事にしますね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク