FC2ブログ

プロレスリング ~その光と影~ それぞれの誤算

前回からの続きです。

ヒットマンの復帰は1996年のサバイバーシリーズでした。
そう、モントリオール事件の一年前です。


ヒットマンは復帰戦の相手に
”ストーンコールド”スティーブ・オースチンを指名。

同年のKING OF THE RINGにて優勝を果たしたオースチン。
しかし優勝よりも大きなインパクトを残したのは、試合後のマイクアピールでした!

「ヨハネの福音書3章16節よりも、ありがたい聖書をお見舞いしてやるぜ!!
これがオースチン伝3章16節だ!!
今夜ショーンとデイビーボーイが世界王座を争うようだが、
次の世界王者はこの俺、ストーンコールドだ!!

と、聖書3章16節に感銘を受けクリスチャンとなった決勝戦の相手、
ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツへ皮肉を交えたマイクアピール



インタビュアーはドク・ヘンドリクスことマイケル・ヘイズです。

この時ストンコは大ヒールのはずだったのですが、
「オースチン 3:16」
発言が大ウケ!
やってる事はヒールなのに観客から大声援を受ける事となります。

オラが観に行った96年サマースラムの時も
ストンコはダークマッチに出場だったにも関わらず大人気でした!

そんなストンコとの復帰戦。
当然ヒットマンベビーフェイス、ヒーローとして復帰です。
NO.1ヒールの道を歩み始めたストンコは格好の相手でした。

いくらストンコが声援を浴びようと、
8か月ぶりとなる復帰の”エース”
ヒットマンが大声援を受けるのは当然でした。

しかしこの試合で一瞬の切り返しで敗れたものの
ヒットマンと互角の闘いを繰り広げたストンコ。
更に評価が高まりました!





そしてメインの世界王座戦、ショーン・マイケルズVSサイコ・シッド。
なんとここでまさかの王座移動!!

今考えると、これはショーン
ヒットマン復帰に対する無言の抵抗だったのかもしれません。

続きを読む »

スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

プロレスリング ~その光と影~ ヒットマンの選択

前回からの続きです。

長期休業中だったヒットマンが久々にRAWに登場します。

RAW.jpg

ヒットマン登場

重大発言

契約満了となったヒットマン
この日のRAWで最終判断を下します。

果たしてヒットマンが選んだのは・・・?

ビンスの願い

ビンスの願い2

ビンスの願い3

このビンスの表情っ!!
これがブックのないリアルだと言うのが伝わってくるようです。

やってきたことを考えると

俺がこれからもやりたい事

WWFファンの前でやりたい

俺のやって来た事、そしてこれからもやりたい事を考えると、それをWWF(当時)ファンの前でやりたい。永遠にWWF(当時)にいるよ!

ついにWWF(当時)を選択したヒットマン!!

それを聞いた瞬間のビンスの表情です。

最高だ

最高だ!

安心するビンス

最高だ!素晴らしい!!

本当に嬉しそうなビンス!


そりゃあそうでしょうねぇ~。
この時のビンス、WWF(当時)は倒産寸前。
ココでヒットマンをWCWに奪われてしまったら、
トドメを刺されていた可能性が高かったのです。
本当、現在の繁栄はなかったかもしれません。

そんな状況であれば、そりゃあ喜びますよね。

この時点でビンスとヒットマンの関係は、
非常に良好だったことがわかります。


しかし、この20年契約に不満を持ったのが、
他でもない”HBK"ショーン・マイケルズでした。

ヒットマンが休業中、世界王者として一人でnWoに抗っていたのがショーンでした。

毎日毎日身体を張ったハードバンプで会社に貢献しているのに、
会社の危機に休業してるヒットマンの方が好待遇なのは許せない、と。

モントリオール事件はこの時期既に始まっていたのかもしれませんね。

続きを読む »

テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

プロレスリング ~その光と影~ ヒットマンの決断

前回
からの続きです。

月夜に佇むヒットマン
幼少期を思い返しているようです。

目が真っ赤のまま

考えた事はなかった

映像の世界

ダンジョンで目が充血するくらいのシゴキを体験していたヒットマンは、
逆にプロレスと距離を置きたかったのかもしれませんね。
この映画の撮影も、
元々映像に興味のあったヒットマン
乗り気だったのでしょう。

アマレスの世界

オリンピックへ

ステュも元々レスリングオリンピック代表に選ばれたそうですが、
第二次世界大戦により40年、44年と大会が中止となり、
出場が叶わなかったそうです。
息子に夢を託そうとしたのかもしれません。

シュート志向の強かったステュは、息子にはプロレスよりレスリングを学ばせたかったのかな?


スタンピートレスリング

いつの間にか2019年05月28日(Tue)13時04分59秒

インタビューでは大学の資金を稼ぐ為、スタンピートレスリングでアルバイトを始めたと語っております。
人手不足からレスラーに・・・と言う側面もあったのでしょうね。

ステュの後ろのリング下にいるのは
ジョージ高野かな?

考えてみりゃ、
SWSでやる前にヒットマンとジョージは
新日の他、カナダでも一緒だったんですよね。

パパにはかなわない

団体の資金

母さんを最も苦しめた

懐かしのモンゴリアン・ストンパー!
この時代どこの地方プロモーターも経営悪化に陥ってました。


ビンスと出会う

ビンスの下へ

辛い選択だった

1984年、ついにステュはスタンピートレスリングをビンスに売却。
ブルドックスとヒットマンはWWF(当時)と契約を交わす事となります。

しかしそれは・・・やはりステュにとってはつらい選択だったようですね。
そして実の息子であるヒットマンにとっても・・・。

この1984年と言うのは、ビンスが全米侵攻を始めた年でした。
資金力のない地方プロモーターが苦しい戦いを強いられた時代で、
カナダのステュも例外ではなかったようです。

続きを読む »

テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

プロレスリング ~その光と影~ ハートファミリーの真実

前回
からの続きです。

全てをリアルに

そこに芸術があるんだ

ヒットマンの拘りは、
怪我をしない事、そしてさせない事でした。
それは、
プロレスは芸術でなければならない
と言う信念からでした。

そしてプロレスが芸術である為には、
卓越した技術、個性が必要である、と。

レスリング一家に育ったヒットマンは、
怪我に敏感でしたし、更に周りから”インチキ”呼ばわりされる事にも敏感でした。
だからこそ、本物の技に裏打ちされた
”卓越した技術”
が必要だと考えたのでしょう。

そう思ったキッカケになった少年時代のエピソードがあります。

プロレスを守って来た

変な一家

いじめられてきた

常にプロレスの事で

八百長レスラーだ

お前の父ちゃんもインチキだ

少年時代のオラにとって、
”プロレスは八百長”
と言われる事は何よりも大きな屈辱でした!

只のプロレスファンのオラでさえそんな思いだったのに、
実の家族の事を言われるなんて、想像を絶する相当なストレスだった事でしょう。



アリソン・ハート
臭いハート一家
エリー・ハート
最悪の時

姉や妹たちも馬鹿にされ

ジョージアを

放課後に
ジョージア・ハート
お兄ちゃんがアンタを

只のいじめっ子

決めたんだ

覚悟を決めたヒットマンは最終手段に挑みます。

OK牧場

先生が応援

ぶっとばす

喧嘩

無造作にパンチ

肩車

全員で担がれた

レッスルマニア10でベルト奪取したヒットマンは、
その時もレスラー仲間から肩車されました。

中二
ダイアナ・ハート
人生で最高も瞬間だったわ

家族のヒーロー

この事件をきっかけになめられてはいけない
と改めて思ったのではないでしょうか。
そして、実力を見せれば疑ってる奴らを納得させられるとも。
だからこそ技術に拘るんだ、と。

他の子どもたちはハートファミリーの真実を知らなかったのです。
実際のハートファミリーは本物の技術を教えられていました。

そう、地下のトレーニング室ダンジョンです!


ハート家の地下室、
ダンジョンとはなんだったのか?
ダンジョンの真実に迫ります!

続きを読む »

テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

プロレスリング ~その光と影~ ヒットマンのプロ意識

前回からの続きです。

ヒットマンは元々レスラー志望ではありませんでした。
実は映像関係の仕事をしたかったらしく大学に通っていたと言います。
アマレスも父であるステュが喜ぶからやっていた、と。

しかし学費が払えなくなり、父の会社であるスタンピートレスリングでレフェリーのバイトを始めます。
その時リングを観ていると、
「自分ならこうする。」
「こうした方が面白い」
など、どんどんアイデアが浮かんできたそうです。

兄弟の中では一番大きな体だったヒットマンがレスラーに転向するまでには、
そう時間はかからなかったようです。

「それに大金を稼げそうだし、世界中のガールとも知り合えるしな(笑)」(ヒットマン談)
※後にこの二つは叶えたそうです^^



ギブアップしなかった

受け継いだ気がする

やはり負けん気は強かったんでしょうね。
上の写真は昔新日来日時によく使われた宣材写真のような気がします。

さぁ、そして自分の紹介です!

オレヒットマン

土曜の朝

美しいセリフ

絶対ギブアップしない

嘘を言ってはならない

うん。
この段階で、ヒットマンと言うキャラクターをちゃんと定義してますね。
確固たるプライドと自信、意志を感じます。


傷みを受けなければならない

殴り殴られ

そうやって育ったんだ

準備は出来ていたんだ

この「痛み」とは、幼少時にステュから受けたシゴキの事でしょうか?
それとも、「アダチ先生」「サクラダ先生」から受けたコーチングの事でしょうか?

しかし、
「殴り殴られの繰り返し」
も永遠に続くわけではありません。

シューターシャープ

俺のフィニッシュ

ギブアップ勝ちだ

つまり
必殺のシャープ・シューターを出したら最後、必ずどんな相手でも倒すと宣言しているわけです!


・・・熱いぜっ!!


・・・しかしここでクエスチョン!
”シャープ・シューター””を
「俺と親父とで独自の関節技を考え」
と言ってますね。

ヒットマンのシャープ・シューターは、
「関節技をフィニッシュにしろ」
とパットパターソンに言われた時、
日本で観た長州のサソリを思い出して、
コナンに教えてもらったはずなんじゃ・・・


ま、いいでしょう。


続きを読む »

テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク