プロレス女子

プロレスにハマる女子が増えているそうだ。

だけど、今に始まった話じゃないと思うんだ。今回の”プロレス女子ブーム”は第二次、第三次くらいじゃないかと思ってます。

第一次は三銃士や四天王のプロレスが深夜にやっていた時代。
金曜8時に夢中になってプロレスを観ていた子供達が成人して飲んだ帰りにテレビをつけたらたまたまやっていたプロレス。久しぶりに観たけど面白いじゃん、となったのが三銃士、四天王のプロレス。
で、その時彼氏と一緒に観てハマった女子が増えた。
それが第一次プロレス女子ブーム。(当時そんな言葉ないけど)
で、その中から厳選されたプ女子が流れ着いたのがドラゴンゲート。
プロレスでもバンドでもお笑いでもアイドルでもそうだけど、女子は一度ハマるとドンドン身近な、自分達と近い場所の存在に行く傾向があるように感じます。
つまりインディに近づき自分だけのダイヤの原石を探そうとする。母性にも似た感じなのかな?(わからんけど)
バンドブームの時のインディを支えたのがバンドギャルだと思うし、お笑いブームの時ライブハウスを埋めたのは女子だったはず。
第一次プ女子の生き残りが新日、全日からFM、みちのく、大日、ドラゲー、DDTと細分化してイケメン揃いだったドラゲーが一気にプ女子を増やしたのが第二次プ女子ブームだと。

で、今。
これは新日本のファンが増えた分女子も増えたって事なんでしょうが、インディに散らばっていた女子ファンを育てて行った大日、DDT、ドラゲーの功績もあるのでしょう。
あれ?なんか新日本面白くなったんじゃない?って言う昔からの女子ファンも戻っているのかもしれない。
プ女子が増えてこれから化けそうなのは全日本プロレスでしょうね。正直、今の全日はインディですから女子の母性をくすぐるでしょうし、試合内容自体はメジャー級でしょうし。(最近観てないけど)

潮崎、諏訪魔、ゼウス、曙、宮原、秋山、大森、KENSO…使い方、動かし方によって十分に新日本に対抗できるとも思います。ノア、W1、ゼロワンよりかは駒が揃ってるもん。

最後に、棚橋が次はプロレス子供って言ってたけど、本当子供ファンがつかないとダメだよね、プロレスは。
第一次ぷ女子の子供達が会場に来ているとも思うので今後が楽しみです。
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク