WWE世界王者

中邑真輔がWWEですこぶる評判がよいそうな。
このまま1軍入りしてタイトルホルダーにまで上っていきそうな気配がしてきましたね!

そこで今回は、他団体のフラッグシップチャンピオンシップを獲った選手が、WWEではどんな活躍をしたのか?
おぼろげな記憶を辿りながら振り返ってみましょう。

まずはテリー・ファンク
言わずと知れた元NWA世界王者。
テリーはホーガンのライバルとして暴れていた時代にはタイトルを取ってないんですよね。
ずっと後年になってから、チェーンソウ・チャーリーとしてタッグ王者に輝いてるはず(パートナーはマンカインド)。

そしてハーリー・レイス
7times n.w.a world chanpion!
ですが、WWEではタイトル獲得はなりませんでした。
代わりにキング・オブ・ザ・リングを制して”キング”の称号を得てましたね。

三人目はダスティ・ローデス
レイスとフレアーの間の「ショートリリーフ(フミ斉藤風)」を務めた元NWA世界王者。
残念ながらWWEではタイトル獲得はなりませんでした。
アメリカン・ドリームならずでしたね。
サファイアと言う女性マネがついてたっけ。

上記の三人は全盛期を過ぎてからの参戦だったので、タイトルとは無縁の存在だったのかもしれません。

続いていきましょう。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
72位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク