妄想小説!プロレススクールウォーズ!!

「フフフ…」
不敵に笑うシェイン。

一体何の目的で…?!
しかもシェインが来日したと言う話も全く聞かなかった。

そもそもシェインは、既にWWEを退社している。そのシェインが何故新日本の道場に?ビンス、WWEとの関係はどこまで繋がっているのか?
謎が謎を呼ぶ事態だった。

「ハイ、今日は挨拶に来たダケデス。今私はこういうシゴトをシテマース。」
名刺を差し出すシェイン。

「これは…」

「フフフ、ワタシは今、プロスポーツ選手を国際的にマネジメントする会社を経営シテマース。そして、現在プロゴルファーが2名所属シテマース。
何か興味があったら連絡シテクダサーイ!
あ!WWEとは全く無関係デスよ。
私は今回、その仕事で来日したのですが、どうしてもジャパニーズレスラー達と会いたくてネ!
それではおジャマシマシタ!」

「ちょ…ちょっと待てって…」

「サヨナラ、バイバァ〜イ!」

「…なんなんだよ、あいつ」

続く。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技 - ジャンル : スポーツ

妄想小説!プロレススクールウォーズ!!

秋山、諏訪魔、元子、猪木、ビンス会談が終わったその頃、新日本道場にまさかの人物が現れていた!!

「タナもビンスビンスウルセェ〜なぁ〜」
「ライガーさんだって、世界のライガーでしょう?ビンスが挨拶に来たっておかしくないでしょう?」
「バカヤロー、何年前の話だよ。さぁ、そろそろ切り上げるか。」

「棚橋さん、ライガーさん!!た、たたっ大変ですっ!!そ、そそ、外に…!!」

慌てて入って来た若手の、その様子に棚橋は小躍りした!!

「ビンスか!!やっぱり来たかっ!!」
「…そんな訳ないだろ。おい、一体どうしたんだよ?誰が来たんだ?」

「し、しし…シェイン…」

「え?」

目を見合わせるライガーと棚橋。

「お前、シェインって…」
「まさか…だよね?」

「ハロー、コンニチハー!」

棚橋とライガーの目の前に現れたのは、なんとあの!シェインマクマホンだった!!

続く。

テーマ : 格闘技 - ジャンル : スポーツ

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク