`81ジャイアントシリーズ〜`81世界最強タッグ決定リーグ戦で妄想

1981年。
全日本プロレス創立10周年記念ジャイアントシリーズが開幕した。
10周年に相応しく参加外国人を豪華メンバーが出揃った。
時のNWA世界王者・リックフレアー。
ご存知ザ・ファンクス。
超獣ブロディ、美獣レイス、飛獣スヌーカ、人間発電所ブルーノサンマルチノ、魔王デストロイヤー…などなど。

このシリーズでは復活インター王座を巡ってドリーファンクjrとブルーザーブロディの抗争に注目が集まっていた。

ドリーは息子ディンク君と共に来日。息子に勇姿を見せるつもりでいるようだ。

ブロディはもう一人、因縁の相手ブルーノとのシングルも組まれており、この豪華メンバーの中で如何に自己主張をしていくか、いつにも増してピリピリしていた。

そんなブロディに馬場から極秘ミーティングに参加しろとの連絡が入る。
疑心暗鬼なブロディは何か良からぬ予感がしていた。

ブロディが馬場から指示されたホテルの一室に入るとそこには馬場の他、ディンク君を加えたファンク一家、そして2mを超える大男が待ち構えていた。
そう、ハルク・ホーガンである。

「な、何故ここにハルクが!?」

「ナイス トゥ ミーチュウ ミスターブロディ。」
人懐っこい笑顔で握手を求めるホーガン。

「ウゥ…あ…、アイム ノット ファイン。とてもマトモではいられないよ、ハルク。一体これから何が始まるのだ??馬場、何を考えている?」

「ブロディ、まぁ落ち着け。君にとってもチャンスが広がる話だ。」

こうしてディンク君事件の話し合いが持たれた。

6人の確認事項はこうだ。
・ハルクホーガンはマスクドXが途中参加する直前の事件当日にマスクドXになる。それまでホーガンは全日本のシリーズに同行しない。
・ホーガンはファンクファミリーとしてブロディと抗争に入る。
・ホーガン移籍はトップシークレット。スヌーカにもロブレイにも極秘。

「…わかった。だが、ファンクスもハルクも私を甘く見ないほうがいい。ハルク、リングに上がる時は覚悟してくれ。」

「オーケー。あなたの事はリスペクトしていた。私の事も見くびらないで欲しい。
リングで会えるのを楽しみにしているぜ、ブラザー。」

こうして全日本プロレス創立10周年記念・81 ジャイアントシリーズが開幕した!!

続く。







スポンサーサイト

プロレス女子

プロレスにハマる女子が増えているそうだ。

だけど、今に始まった話じゃないと思うんだ。今回の”プロレス女子ブーム”は第二次、第三次くらいじゃないかと思ってます。

第一次は三銃士や四天王のプロレスが深夜にやっていた時代。
金曜8時に夢中になってプロレスを観ていた子供達が成人して飲んだ帰りにテレビをつけたらたまたまやっていたプロレス。久しぶりに観たけど面白いじゃん、となったのが三銃士、四天王のプロレス。
で、その時彼氏と一緒に観てハマった女子が増えた。
それが第一次プロレス女子ブーム。(当時そんな言葉ないけど)
で、その中から厳選されたプ女子が流れ着いたのがドラゴンゲート。
プロレスでもバンドでもお笑いでもアイドルでもそうだけど、女子は一度ハマるとドンドン身近な、自分達と近い場所の存在に行く傾向があるように感じます。
つまりインディに近づき自分だけのダイヤの原石を探そうとする。母性にも似た感じなのかな?(わからんけど)
バンドブームの時のインディを支えたのがバンドギャルだと思うし、お笑いブームの時ライブハウスを埋めたのは女子だったはず。
第一次プ女子の生き残りが新日、全日からFM、みちのく、大日、ドラゲー、DDTと細分化してイケメン揃いだったドラゲーが一気にプ女子を増やしたのが第二次プ女子ブームだと。

で、今。
これは新日本のファンが増えた分女子も増えたって事なんでしょうが、インディに散らばっていた女子ファンを育てて行った大日、DDT、ドラゲーの功績もあるのでしょう。
あれ?なんか新日本面白くなったんじゃない?って言う昔からの女子ファンも戻っているのかもしれない。
プ女子が増えてこれから化けそうなのは全日本プロレスでしょうね。正直、今の全日はインディですから女子の母性をくすぐるでしょうし、試合内容自体はメジャー級でしょうし。(最近観てないけど)

潮崎、諏訪魔、ゼウス、曙、宮原、秋山、大森、KENSO…使い方、動かし方によって十分に新日本に対抗できるとも思います。ノア、W1、ゼロワンよりかは駒が揃ってるもん。

最後に、棚橋が次はプロレス子供って言ってたけど、本当子供ファンがつかないとダメだよね、プロレスは。
第一次ぷ女子の子供達が会場に来ているとも思うので今後が楽しみです。

UWF

ユニバーサル・レスリング・フェデレーションーUWF

UWFを観ました。


うん、

まさにレジェンド達の集まり!!


テッドデビアス、ハクソージムドゥガン、ハクソーブッチリード、JYD、R&Rエキスプレス、ミッドナイトエキスプレス、ファビュラスフリーバーズ、ドクターデススティーブウィリアムス、ビックババロジャース、ブレードランナーズ、リックスタイナー、ワンマンギャング、ジェイクロバーツ…etc

え?
なんの話かって?

だからUWFの話だよ!!

米版UWFのっ!!

これ!
WWE レジェンド・オブ・ミッドサウス・レスリング (3枚組) [DVD]WWE レジェンド・オブ・ミッドサウス・レスリング (3枚組) [DVD]
(2014/08/20)
プロレス

商品詳細を見る


カバーがJYD、デビアス、ジェイクロバーツとWWEテイストだね。

WWF(当時)が全米に侵攻した時、踏ん張ったテリトリーは、NWAジムクロケット派、ガニアAWAミネアポリス、エリックファミリーダラスワールドクラス、そしてこのUWF…ミッドサウス旧MSWAワットランドだったんだよな。

そして、この米版UWFは上に挙げた通り凄くいいメンツが揃ってる。

カウボーイビルワット。このDVDではワッツになってるね。正式にはワッツなんだろうけど、日本ではワットって言った方がいいかな。
後年ワットはWCWでも役員になって日本にも来てたよね?
トップロープからの攻撃は禁止するっていう悪法作ったり、スタンハンセンからは毛嫌いされていたけど、このUWFではWWFのソープオペラ路線を嫌って、レスリング、アメフト上がりのアスリートや超巨漢をプッシュしてるんだよ。で、なんとモハメドアリまで登場させてる。アリがジェイクロバーツやバーバリアン(ジョンノードね)を殴ってるんだよね。
結構当時としては硬派な団体だったと思う。


デビアスは全日本でハンセンのパートナーだった頃かな?とにかくデビアスはいいねぇ〜。フレアー戦の前にマードックと乱闘するんだけど、それが凄くいい。

ゴディもやっぱり上手いわ。
本当にいい選手だと思う。アメリカではやっぱりフリーバーズのテリー''バンバン”ゴディなんだろうな。初代UWF世界王者としてその才能が開花した全盛期と紹介されてる。日本人としては殺人魚雷として活躍して三冠獲った頃がピークの印象が強いけど、よく考えたら三沢や小橋の踏み台にされてたもんね。本当の全盛期はこのUWF世界王者時代だったのかもしれない。

ロックンロールもこの頃の動きが堪らなくイイよ!R&R対ミッドナイトを邪外やインディの選手が凄く勉強になったって言うのもわかる。本当、この頃に日本に来て欲しかった!けど、合う相手がいないか…。ヒロ&保永、コバクニ&寺西、マイティ&渕あたりはピッタリだけど、それじゃ日本じゃブレイクしないだろうしなぁ。


ドクターデス・スティーブウィリアムス、ハクソージムドゥガン、ハクソーブッチリードはヘッタクソだけど、超魅力的に映ってたなぁ。ドゥガンもこの頃に新日本が我慢して常連として使ってたらどうなったかな?ブッチリードは最晩年にドゥームとしてドームに来てたけど、この頃新日本に来てたら…結局幻に終わったけど…。
そしてウィリアムスが最後のUWF世界王者だったんだよね。フレアーと統一戦したらしいけど、その映像はなかった。

人間魚雷から始まって殺人医師で終わったUWF。

一時はスーパードームに2万人も集めたUWF。
ミッドサウス地区の経済悪化を発端にジリ貧になってしまったワットが、クロケットに身売りする前に最後の勝負として日本のUWFと業務提携してたらどうなったかな?
ちょっと時期がズレちゃうけど妄想してみよう。


米版UWFのレスリング&アメフト上がりのタフガイ達とキック、サブミッション&スープレックスの妥協なきファイトスタイルの新生UWFの全面対抗戦!


鈴木みのるースティング
超異次元対決。共に将来を期待されてる若手同士。鈴木のカタいファイトと、ボディビル出身だけどプロレスに真面目なスティングとスイングするのか?

船木誠勝ーリックスタイナー
これも次代のエース対決。
レスリング上がり立てのリックと船木のファイトスタイルはスイングしそう。

藤原喜明ーテッドデビアス
両軍のベテラン対決。両者とも職人であり、喧嘩もレスリングも出来る!
ミリオンダラーマン以前のデビアスも非常に魅力的だ!

山崎一夫ースティーブウィリアムス
山崎一夫には、ドクターデス・スティーブウィリアムス!
山ちゃんには、殺人バックドロップの第一犠牲者になって欲しい…。

UWF世界ヘビー級タイトルマッチ
テリーゴディー髙田延彦
高田対大物外国人選手の先駆けになって欲しい試合。これまた喧嘩のできるプロレスの天才・トンパチゴディのベルトに、若くて精悍な高田が挑むシチュエーションがいいかな。

前田日明ーハクソーブッチリード
大将・前田日明にはアスリートと呼ぶにふさわしいナチュラルパワーを持ったこの男、ハクソー・ブッチ・リード!
レスリング出身者ではなく、ブッチリードのような黒人特有のナチュラルな強さを前田にブツけてもらいたい!多分初来日時のサップ級…いや、それ以上の活躍を観せそう。アスリートとしてサップよりいいものを持ってたんじゃないかな?


アメリカでも日本でも、UWFと言う名は伝説なんだなぁ~。

テーマ : 格闘技 - ジャンル : スポーツ

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク