1988年のウッチャンナンチャン

「みなさん~」がレギュラー化される2年前から、特番でアイドルとコントしていたとんねるず。
「夢で逢えたら」が始まる半年前に圭修や、ハイヒール、今田、東野ら2丁目軍団とコントしてたダウンタウン。

ではその頃のウンナンは「テレビ」では何してたんかなぁ~?と思い調べました。

すると・・・

「夢逢え」が始まる3ヶ月前、関東ローカルの深夜ながらコントしてましたよ、テレビでっ!!
1988年7月-、
そう

「笑いの殿堂」!やっぱりフジテレビ!!
(youtubeに動画ありますな)

第一回の出演者は、
・ウッチャンナンチャン
・ピンクの電話
・石塚英彦(ホンジャマカ)
・爆笑問題
・今田耕司
・東野幸治
・野沢直子
・おきゃんぴー
などなど。

オラ当時ビデオ借りて観たんだけど、今田、東野が出てた記憶がないんだよなぁ。
と、思ってたら野沢を含めてこの三人は第一回目しか出てないみたいだね。

オラはこの頃、’’ツービートの再来’’と言われた爆笑問題を注目してみてたんだよなぁ~、特に太田。
でもこの後すぐに干されちゃったけど。

前も書いたけど、「ストライクTV」で太田と石塚がこの時のことを話してた。
「昔ある番組で、何であいつがメインなんだよ!!って、二人で居酒屋で愚痴ってた。」って。
それ、南原のことだよなぁ~なんて思ってた。

この「笑いの殿堂」は、約3ヶ月おきに続いて、舞台化もされた。
89年までに6回放送されて、最後に91年正月にも放送されて終わったらしい。
こっちでも何回か流されたけど、オラはほとんどビデオで観ました。

そしてウッチャンナンチャンは、「夢~」でダウンタウンと、「笑いの~」で爆笑やピンクの電話、石塚とコントをやりながらも、続く89年には、TBSでB21スペシャルと「ギャグ満点」を始める事になるんですねぇ~。Bとはその前身番組の「お笑いベストヒット」からなんだけど、それがよくわからないんだよなぁ〜。各々でネタ見せしてた番組だった気がするんだけど、いつから始まったのかもわかんないし…「ギャグ満点」が89年4月だから半年前だとして88年なんだよな。でも、ネタ番組で半年もやるかな…?謎だ…。

「ギャグ満点」、前は動画あったのに消されちゃってるね・・・残念。

しかし凄いよね、88年からのウンナン。
コント番組ばっかりだもん。しかも当時の人気者、実力者たちとばかり!

で、ウンナンの場合は、
同世代芸人とばかりやってる!のに、いずれもメイン!

「夢~」にしたって、明らかにダウンタウンが抑えてたからウッチャンナンチャン色がかなり強いもんね。

アイドルや後輩相手にコントしてたとんねるずやダウンタウンは、必然的にリーダーになったり、自己主張して自分達で笑いを作っていかなければならないけど、同世代芸人たちに囲まれたら、頼ったり任せたりしてしまう事もあると思うんだよね。仲間意識が働くから。その逆に羨まれたり、嫉まれたりする事もあったと思う。ウンナンは人気凄かったし、笑いがライトだったから特に。
そんな中でも、しっかりメインを張ってそれをキープし続けたウンナンって実はかなりハートが強いんじゃないかな?

この88年以降、スタジオコントの魅力にハマった内村が今だにコントを続けてるのは凄いね。

でもウンナンでのコントや、夢だけど、ダウンタウン、とんねるずとも一緒にコントしてくれたら最高だよな。

なんとか叶わないかなぁ、この夢。

フジテレビなんとかしてくれないべか?

ないべな…。
スポンサーサイト

テーマ : ウッチャンナンチャン - ジャンル : お笑い

南原清隆について2、3の事…

南原清隆。

ご存知、ウッチャンナンチャンのナンチャン。

今、日テレはゴールデンも全日も視聴率がよいそうで。

ウッチャンとナンチャンの番組が、ここに来て視聴率よくなってるみたい。
ダウンタウンやとんねるずが視聴率的に苦戦してる状況で大健闘だね。

そしてナンチャン。
南原清隆。

よくナンちゃんは面白くない、ウッチャンと比べてつまらないと言う話を聞く。

確かに、最近の南原清隆は観ていて痛々しかったり、ハラハラしたりする。
けど、それは内村にしたって同じだ。
どちらかというと内村の方が観ていてツライ時がある。

でも、思春期のオラはダウンタウンと同じくらいウッチャンナンチャンが好きだった。

夢で逢えたら時代。
実はこの頃からアンチ南原は多かった。

何故なら南原はキャラ作りが下手だったから。
松本、内村は人気キャラが多かったし、浜田はツッコミとして確立されていたからどうしても南原は弱く映っていた。

そして芸人仲間からも面白くない!と反感買っていたみたい。
前にストライクTVで爆笑太田と石塚が話していた。売れない時にお笑い番組にチョイ役で出てて、
「何でオレらがチョイ役で、あいつが主役なんだよ!」
と撮影後に二人で愚痴ってた、と。
具体的に名前出した訳じゃないけど、笑いの殿堂の事だな。南原の事だ。とすぐ思った。

けど、オラは実はこの頃の南原好きだったんだよね。
一つ一つのセリフが映画やドラマのパロディのようで面白かった。
今で言えばフルポン村上がコントでみせるような芸風だったと思う。
そして、ダウンタウン松本を一番笑わせていたのは南原だったと確信している。

「南原先生はどうして教師になったんですか?」
「ともだちの付き添いで行ったら、たまたま私が合格しちゃって….」

(上原のおやっさんキャラで)
「おっと!もう暴力は振るわないって、この手袋貰ったのに…」

など、当時としては凄く面白かった。未だに覚えてるもん。

南原がおかしくなったのは、ダウンタウン人気が急上昇して毒舌人気が上がった頃だと記憶してる。
なんか無理に悪ぶったような話し方に変わった時期があったんだよな。毒舌を意識しすぎて。

ゴールデンで活躍するようになって人気のピークにあった頃にはもうウッチャンナンチャンを観る事はなくなっていた。

けど、多分情が映ってるんだろう。オラにしては珍しくアンチに至らなかった。
志村、さんま、とんねるずの事は、大好きだった分アンチになってしまったのに、ウンナンにはアンチにならなかったんだ。

またたまにウンナンの昔のネタでも観てみようかな。




テーマ : お笑い芸人 - ジャンル : お笑い

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
232位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク