FC2ブログ

5月16日 水曜日のダウンタウン

あれ?

なんでオラんとこオファーなかったんだろ?
参照猪木モノマネの歴史

てか、鈴木寿永吉さん。

あんたの猪木はソレじゃないだろ?
(ホリに苦笑されてた)

名前だけじゃなくネタも変えたのね・・・。
元祖としてのプライドを持って

「なんだ、バカやろー!」

とやって欲しかったな。


スポンサーサイト



テーマ : お笑い番組 - ジャンル : お笑い

閑話休題~30年って・・・~

ついにとんねるず自身が、「みなさん」の終了を正式に発表したようですな。

30年かぁ~・・・。

いや、長すぎだろ?

「全員集合」が約16年、
「ひょうきん族」が約8年、
「欽ドン!」シリーズがトータルで約10年、
「めちゃイケ」が約22年、
「はねトび」がトータルで約10年、
「ごっつ」が約6年、
「ウリナリ」が約6年、
「生ダラ」が約10年・・・

いや、長すぎだろ?!

とんねるずは「みなさん」が始まる前メインにしていたのが実は歌手活動でした。

貴明自身は、「オールナイトニッポン」を大事にしていたようで、
「お笑い」に対するこだわりはあったようですが、それを実践する場は
「コラとん」と言う夕方の15分番組のみ。

ゴールデンにとんねるずが登場するのは、
「ベストテン」などの歌番組かドラマしかありませんでした。

この時代がとんねるずを
お笑い芸人らしからぬタレント
にしてしまったのだと思います。

そう、冗談のつもりで出した歌が大ヒット。
本来舞台などで下積みを重ねるはずの時期に、
歌番組に出演していたのです!

ウッチャンナンチャンは、下積み時期に
ピンクの電話やB21スペシャル、ダチョウ倶楽部などと切磋琢磨したり
自身の劇団(座長は出川哲郎)で公演をしてたりしました。

ダウンタウンは吉本と言う事もあり、
専用の劇場で後輩たちと新しい笑いに挑戦したり、
ベテラン勢と漫才したりと、
本当に”芸人”として経験を重ねました。

とんねるずはそういった時期に
ベストテンで歌を唄っていたのです!

凄いっちゃ凄い・・・!

続きを読む »

テーマ : とんねるずのみなさんのおかげでした - ジャンル : お笑い

閑話休題~絶対に答えなくてはいけない!~

観ました!

コータローの続き書こうと思ってましたが、これ観ちゃったら・・・ねぇ。

という事で久々にお笑いについて書きます!

続きを読む »

テーマ : お笑い番組 - ジャンル : お笑い

テレビを観た。

久々に地上波のTVを観ました。
「世界ふしぎ発見!」ってまだやってたんですねぇ~。

黒柳さんが二問連続で不正解だったので、
「あぁ~、時代が変わったんだなぁ~」
と思って観てたら、最後スーパーひとし君で3ポイントゲット!!
見事トップ賞に輝いてました。
若々しく感じていたHBK(not ショーン)も、
昔の写真を見るとやっぱり老けたんだなぁ~と感じました。

続いて観たのが、
「土曜あるある晩餐会」
バブル時に天下を取ったMCあるあるでしたが、

「天下とったかぁ~?」
という方もチラホラ。

興味深かったのは、ヒロミの結婚式の話。
たけし、タモリ、さんまや和田アキ子とかが出席して色々ややこやしいからTV中継はしなかった、と言ってたましたね。
確か志村けん、とんねるず、ウンナン、ダウンタウンも来てたんじゃなかったっけ?
うん、そりゃあ確かに色々面倒くさそうだ。

そしてプロデューサーの話もしてました。
フジテレビの事なんだろうけど、とんねるずとB21は石田班、ウッチャンナンチャンとダウンタウンは佐藤班とスタッフが別れておりました。
同じフジテレビでもプロデューサー同士がライバル関係という事で、当然のようにライバルの番組に可愛がってるタレントを出させなかったようです。
ヒロミは囲っていたと言ってましたね。

とんねるずを可愛がった石田弘さんはその後フジテレビ社長にまで登り詰めました。
よく貴明が真似するダーイシさんです。
そしてその一番弟子と言われる、港浩一さんもフジテレビの常務になり、現在は共同テレビジョンの社長を務めていらっしゃるとか。

一方、ウンナン&ダウンタウンをプッシュしていたのが、元ひょうきんディレクターズの佐藤義和さん。佐藤さんは87年に「笑っていいとも」のプロデューサーになり、「夢で逢えたら」や「やるならやらねば」「ごっつええ感じ」「SMAP×SMAP」を手掛けますが2005年にフジを退社。フジテレビの役員に名を連ねる事はありませんでした。
現場では佐藤班の吉田正樹さんがウンナンを、小須田和彦さんがダウンタウンを担当していたようです。
現在、吉田さんはワタナベエンターテイメントの会長、小須田さんはフジテレビスポーツ局のゼネラルプロデューサーだそうです。

ウンナン、ダウンタウンを「囲っていた」プロデューサー達がいないのなら、とんねるずとの共演だって出来るんじゃないのかなぁ~?
あ、でヒロミ「いいとも最終回の時、存在を消していた」って言ってましたな。
寂しそうに感じたのはそのせいだったのですね。
色々面倒そうだと思ったんでしょうが、中居くんより当時を知ってるヒロミに仕切ってほしかったなぁ~。

もう一つ、ヒロミの言った事で気になったのが、
「そっちは面白い事を追及、こっちは楽しい事を追及」
と言う発言。
とんねるずをバブルの象徴とも言ってましたな。

うん、そうなんだよな。
「面白いと楽しいは違う」
と初めて言ったのはオラの記憶では千原ジュニアなんだけど、
当時はどちらも端まで振り切れていたと思うんですよ。
だからどちらも自信をもってやっていて空気もピリピリしたものになったんだと思います。

もっともっとこの当時の回想録を聞きたいなぁ~。
とんねるずやダウンタウンの口から。

続きを読む »

テーマ : TV番組 - ジャンル : お笑い

久々に・・・

お笑いについて書きます。

録画しておいた爆笑ヒットパレード50周年特番をようやく観ました。

コレを観たら日本の演芸の全てがわかる・・・!

うん。

ちょっとは期待したんだけどなぁ~。

日本の演芸がすべてわかる?

なんでウッチャンナンチャンとダウンタウンのVを流さなかったのだ??

ウンナンなんて最近だって出てただろ?なんで?

何年か忘れたけど、第一部をダウンタウンが司会して、第二部をウッチャンナンチャンが司会した時だってあった。
その時は、交代する時にダウンタウンチームとウンナンチームで対決とかもしてた。

ヒロミなんかよりも確実に足跡を残してるのだ!

その両組を完全にスルーして、日本の演芸が全てわかる???

90年代を代表するコンビをとばして、どうして全てがわかるんだよ!?

あ~あ、フジが低迷するのもわかるわ。


続きを読む »

テーマ : お笑い番組 - ジャンル : お笑い

 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク