個人的な妖怪ウォッチの分析

オラの中では、

藤子・F・不二雄+フジテレビパロディコント=妖怪ウォッチ

なのです。

主人公のケータ君、ヒロインのフミちゃん、大柄なクマ、ちょいとセレブなカンチ。

これは完全にF作品のオマージュですよね。
のび太、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫。
正太、よっちゃん、ゴジラ、キザ夫。

まさに王道ですね。

そしてウィスパーとジバニャン。
これは完全に藤子キャラクターの2トップ、オバQとドラえもんを基にしてますよね。

ウィスパーはその外見から、ジバニャンは猫という設定からですが、人気キャラ二つを一つの作品に入れたと言う贅沢な作りになってます。


もう一つ。
妖怪ウォッチの魅力のひとつに、パロディがあります。

まさか子供番組で、なぜか笑介のパロディをやるとは思いませんでした・・・!

ロードランナーやサザエさん、ガラスの仮面や、太陽にほえろ、摩天楼は薔薇色に、大脱走などのパロディ群は、昔のひょうきん族みなさんのおかげですやるならやらねばなどを観てるようです。


まさにかつてのフジテレビの王道パロディコントです!

現在、テレビでパロディコントは残念ながら絶滅してしまいましたが、こんなところで息を吹き返していたんだなぁとしみじみしてしまいました・・・。


つまり妖怪ウォッチは、かつて80年代のテレビっ子たちが熱狂して観ていた、藤子・F・不二雄とフジテレビのパロディコントの方法論で、その80年代の子供たちの子供たちを熱狂させているわけです!

・・・時代は廻るなぁ~。
スポンサーサイト

テーマ : 俺の知りえる理論 - ジャンル : お笑い

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク