FC2ブログ

プロレスリング ~その光と影~ それぞれの誤算

前回からの続きです。

ヒットマンの復帰は1996年のサバイバーシリーズでした。
そう、モントリオール事件の一年前です。


ヒットマンは復帰戦の相手に
”ストーンコールド”スティーブ・オースチンを指名。

同年のKING OF THE RINGにて優勝を果たしたオースチン。
しかし優勝よりも大きなインパクトを残したのは、試合後のマイクアピールでした!

「ヨハネの福音書3章16節よりも、ありがたい聖書をお見舞いしてやるぜ!!
これがオースチン伝3章16節だ!!
今夜ショーンとデイビーボーイが世界王座を争うようだが、
次の世界王者はこの俺、ストーンコールドだ!!

と、聖書3章16節に感銘を受けクリスチャンとなった決勝戦の相手、
ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツへ皮肉を交えたマイクアピール



インタビュアーはドク・ヘンドリクスことマイケル・ヘイズです。

この時ストンコは大ヒールのはずだったのですが、
「オースチン 3:16」
発言が大ウケ!
やってる事はヒールなのに観客から大声援を受ける事となります。

オラが観に行った96年サマースラムの時も
ストンコはダークマッチに出場だったにも関わらず大人気でした!

そんなストンコとの復帰戦。
当然ヒットマンベビーフェイス、ヒーローとして復帰です。
NO.1ヒールの道を歩み始めたストンコは格好の相手でした。

いくらストンコが声援を浴びようと、
8か月ぶりとなる復帰の”エース”
ヒットマンが大声援を受けるのは当然でした。

しかしこの試合で一瞬の切り返しで敗れたものの
ヒットマンと互角の闘いを繰り広げたストンコ。
更に評価が高まりました!





そしてメインの世界王座戦、ショーン・マイケルズVSサイコ・シッド。
なんとここでまさかの王座移動!!

今考えると、これはショーン
ヒットマン復帰に対する無言の抵抗だったのかもしれません。

続きを読む »

スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

 | BLOG TOP | 

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク