FC2ブログ

書きたいことは色々あるけど・・・。

今年は何ともやりきれない訃報が多いっ!!


久々に女子プロレス観ちゃったよ…。
もう20年近くちゃんと観てないから、詳しい事はわからない。

でも、間違いなく女子プロレスの未来だったのはわかる。
観てなかったんだけどね。

今の日本の女子プロレス界は、
世界トップレベルの選手は多いけど、
それに見合った収入が保証されない世界。

そりゃ皆WWE目指すよね。

でも、そんな日本の女子プロレス界にもようやく明るい兆しが見えてきていた。
そう、新日本をV字回復させたブシロードのスターダム買収劇。

長い間インディ状態の女子プロレス界が、
又再びメジャーフィールドに駆け上がっていく予感がありました。

勿論、その時の主役は・・・。


続きを読む »

スポンサーサイト



テーマ : プロレス - ジャンル : スポーツ

アップデートは出来たかい?

スルーも出来たんだけど、
やっぱりこの話題に触れておこうかな。

岡村隆史、風俗を自粛「神様は乗り越えられない試練は作らない」

ナイナイの岡村が発言したコレ。

「また吉本芸人か・・・。」
と、うなだれてしまったので、
思わず呟いてしまいました。



この岡村の発言は、

この状況は、今後社会的弱者が量産されるから、
社会的強者は今は我慢して、美味しくいただける時を楽しみに待て!


って言ってるのと同じ。
完全に人権意識がないよね。

そして、もう一つの問題は、

49歳にもなる日本を代表する人気お笑い芸人が、公共の電波を使って平然と言ってのけた

って点だと思うわけです。

中学生、高校生が友達と話すレベル。
本来なら、怒られてしまう、軽蔑されてしまうレベルの話を、

社会的影響力のある、ベテラン芸人である、大の大人が、
電波を通して、恥ずかしくもなく言ってしまった。


オラも若い時なら笑って聞いたかもしれないけど、
明らかに異常な発言なんだよね。

「そんな異常な発言だから面白い!」
って時代は、とうに過ぎ去ったと思うし、ガキの考えなんだよね。

もし、これが漫才のネタであって、
「こら!いいすぎや!!」
ってツッコミがあったとしたら、まだ救いはあったかもしれないけど(今はそれも難しいかな?)、
なんかナチュラルに出てきた感があったから深刻なんだよね。

続きを読む »

テーマ : ナインティナイン - ジャンル : お笑い

伝統と時代 ~さらっと振り返ってみよう

ようやくビートたけしが志村けんについてコメントを出しましたね。



正直、たけしのコメントが全然聞こえてこなかったので、
相当なショックを受けているんだろうなぁ~と想像はしておりましたが…

まさか軽い鬱、ノイローゼ気味になる程だったとは…。


ビートたけしと志村けん…

この二人と言えば、
所謂土8戦争が思い出されます。

TBSで”お化け番組”として国民的人気を誇っていた
「8時だよ!全員集合!」。
その若きエースが志村けん。

フジテレビが王者・ドリフに対して、
関東・関西の実力派若手芸人を集結させて挑んだのが
「オレたちひょうきん族」。
その若き座長がビートたけし。

ザ・ドリフターズ、萩本欽一を引きずり落さなければ、
自分たちの時代は来ない!
と、必死で相手を潰そうとしたのが、
若き日のビートたけしでした。

しかし、その潰そうとした相手のエース・志村けんは、
実は自分と同期(ツービートの結成が74年。志村けんがドリフのメンバー入りした年と一緒)で、
3歳年下だったという。


この構図、なんかに似てると思ったのですが、

いかりや長介がアントニオ猪木、
志村けんが藤波辰爾、
ビートたけしが長州力


に当てはまりますね。

欽ちゃんは馬場さんかな?

お笑い大好き少年だった志村けんは55号、ドリフどちらにつくか迷ったそうですし、
プロレス大好き少年だった藤波辰爾は、馬場さんの事も尊敬してたでしょう。

そして、深見千三郎を師に持つビートたけしは、
マサ斎藤を心の師と仰ぐ長州力とどこか似ていますし、
”時代を掴む!それには邪魔な存在がいる!それを倒していく!!”

と、共通の意志を感じます。


老若男女問わず笑わせたい正統派コント師の志村けんと、
生温いお笑いを嫌い、毒を武器に圧倒的なカリスマとなったビートたけし。

名勝負製造機と言われ誰とでも試合が作れる正統派レスラー藤波と、
ゆったりとしたレスリングを嫌い、インパクト勝負で爆発的な人気を得た長州。

考えれば考えるほど、
志村けんとビートたけしの関係は、藤波と長州の関係に酷似してますね。



ほどなくして王者・「全員集合」を打ち破った「ひょうきん族」。

今回たけしはこう表現しております。

「ドリフの笑いは大納言とかちゃんとした小豆、砂糖の味なの。ひょうきん族は人工甘味料。やっぱり人は新しいものに目がいっちゃう。」

”伝統の味”は老若男女を納得させてくれる一方で、
奇をてらわない分、”新しいもの”に負けてしまうことがあります。

”新しいもの”は時に”伝統の味”を凌駕してしまうのです。

プロレス界にとっては長州力やロード・ウォリアーズ、UWFが、
”新しいもの”であり、

お笑い界にとっては、「ひょうきん族」、とんねるず、ダウンタウンが、
”新しいもの”だったんだと思うのです。


「ひょうきん族」は「全員集合」を追い落としましたが、
結局は長く続くと”新しいもの”ではなくなってしまうんですよね。
「ひょうきん族」が最終回となったのが89年。
「みなさんのおかげです」がレギュラースタートしたのが、
その前年の88年でしたので、
やはり視聴者は”新しいもの”を選んだと言う事なのでしょうね。

続きを読む »

テーマ : お笑い番組 - ジャンル : お笑い

大嫌いなのに 愛してる



前回の記事(忘れる事は出来ないな・・・そんな事を想ってしまった。

のタイトル、この唄のサビなんですよね。

フジファブリックの代表曲の一つ
「茜色の夕日」

この動画は、
ヴォーカル・志村正彦さんが29歳の若さで急逝された4日後、
CDJで奥田民生が追悼で歌ったものです。
なんか、志村けんさんが亡くなったと聞いた時、
この曲が頭の中を駆け巡りました。

そしてオリジナルではなく民生の、
この時の唄が。

あの民生が泣きながら唄った
この時の「茜色の夕日」が、
ワタクシには、志村けんさんを思い起こさせてくれるのです。


単にヴォーカルと名字が一緒だったから・・・

と言うわけでもなく、

なんか歌詞聴いてると志村けんを想い浮かべててしまうんですよ。

なんでだろうなぁ~?

数多の苦労を乗り越え、夢を実現させた志村けんさん。
その下積み時代はこんな感じだったのかなぁ~、とか、

夢や希望をもって東京に出てきた若者も、
辛い時の方が多かったはず。
そんな時、志村けんさんってどこか励みになったんじゃないかなぁ~、とか

この曲を聴くと色んな事を想ってしまうのです。

上京したての18歳の志村正彦さんが作詞作曲したこの曲。
本当はこういう人生に憧れていた自分も思い出させてくれます。

続きを読む »

テーマ : ザ・ドリフターズ - ジャンル : お笑い

忘れる事は出来ないな・・・そんな事を想ってしまった。

志村けんさんがお亡くなりになりましたね。


…う〜ん、亡くなった事もショックですが、死因が新型コロナ感染からの合併症肺炎て…。

色々と考えさせられます。

ウチの父も、結局肺炎を起こした事で亡くなりました。
志村けんさんも麻酔が打たれるまでは相当苦しかったのだろうと推測します。

志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。





志村けん・・・。

今回、昔の動画を観まくってしまい、
もっと早くブログに書こうと思っていたのが
遅くなってしまいました。

う~ん、
昭和30年後半生まれ以降からの
全ての日本人はショックを受けているんじゃないかな?
特に40代、50代のオッサンらにとっては、
どんな芸能人の訃報よりも受け容れ難かったんじゃないでしょうか?


職場でもそうですが、
ショックを受けている
ワタクシ世代のオッサンの多い事多い事。

ワタクシ世代の幼い頃、土曜8時と言えば間違いなく
「8時だよ!全員集合!」
の虜になっていたはずです。

いや、虜と言う言葉では足りないかもしれません。
本当に毎週毎週楽しみで仕方ありませんでした。

続きを読む »

テーマ : 最近の出来事 - ジャンル : 日記

 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

ハ.ブ.キ

Author:ハ.ブ.キ
80年代のお笑い、プロレス、音楽、漫画に影響を受けすぎてます・・・。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
お笑い
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク